記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIVA!! WADIA6前期型LTD化 その名は(-Spirit-)

なによりも、うれしいニュースは

WADIA6-spirit-  販売します(WADIA6 28台目) (06/06)

ですね。

何時だったかの記事で、高橋のことだから、前期型のLTD化を実現するだろうと

書きましたが、これが、まさしく、予言になりましたねwwww

タイミングよくWADIA6前期型をゆずっていただけて、

苦心惨憺・・いや、WADIA6への渾身の思いの集結というか、

あっぱれ、高橋!!

自画自賛ならぬ、他画他賛の代理になってしまうのです(あ、けとばしてくださってけっこうです・・はい)

代理には、こむつかしい内部機構・改造部分の理屈などはわかりませんので、

音についての印象をかいてみます。

WADIA6は前期型と後期型と、微妙なところですが、過渡期?型があるようにおもいます。

基本的には、前期型、後期型とわかれますが、

おそらくですが、後期型はWADIA9のプロトタイプだったのではないかとおもえます。

と、いうか、後期型の変更、ヴァージョンアップに開発した機構がかなりよかったので

WADIA9に移行させた感があります。

WADIA6LTDになってくると、もうWADIA9音質改善ヴァージョンと双璧をなす、しあがりで

どちらに軍配をあげるかというのは、個人の嗜好によるとしかいえないものになっています。

このWADIA9の素のまま(オーバーホール後でも)では、はっきりいって、

WADIA6LTDにかてません。

音質改善をほどこしたWADIA9となら、甲乙つけがたしであるというWADIA6LTDなのですが、

残念な事にWADIA6後期型でないとLTDまでもっていけなかったのです。

WADIA6を最初にきいたとき

正直な思いは、たいしたことのない音だとおもいました。

ところが、巷では、素晴らしい音だという方とつまらん音だという方に

二分されていました。

この噂の奇妙な食い違い。

月とすっぽん・・などとくらべる言葉がありますが、

なぜ、こうも、極端な意見がでてくるのかと不思議におもったのです。

ところが、何台目かのメンテナンスのときに

「あ、これは、すばらしい音だ」というWADIA6に遭遇したのです。

これが、後期型でした。

そして、まだまだ、改善出来る余地をみつけた高橋の奮闘がはじまり

LTDが完成し、まさに極限まで音質を引き上げたという意味合いでリミテッド(限界ぎりぎり)と名付けたわけです。

代理は改(アルミVRDS版)があったので、LTDは「極」(きわみ)と名付けてくれといったのですが却下されました。

そして、先にかいた、世界最高峰といわれたWADIA9の音質改善と肩をならべるところまでいくと

どうにかして、前期型をLTDまでもっていきたいということだったのです。

前期型もまだまだ、改善出来る余地のあるもので、現状の前期型で、満足してほしくないというか・・・。

限界まで音質を上げ切った前期型ができた今だからこそ、いえるのですが、

まだまだ、ひとかわ、ふたかわ、みかわ ほどむけた音に成ります。

代理の個人的な順位ですが

1、WADIA6 改 LTD(後期型)

2、(WADIA6改-Spirit-(前期型))=未着手のため、予想です。

3、WADIA6-Spirit-(前期型)

4、WADIA6 改(後期型)

5、WADIA6 改(前期型)

6、WADIA6 音質改善(後期型)

7、WADIA6 音質改善(前期型)

8、WADIA6 オーバーホール(後期型)

9、WADIA6 オーバーホール(前期型)

10 WADIA6 

 

前期型のLTD化の音は、自信を持ってお勧めできる音です。

LTD化すると、オールマイティで、深みのある音になりますので、

一般的に言われている、ジャズ向きという観念を拂拭してくれて

いろんなジャンルの音の魅力に気が着かせてくれます。

そして、WADIA6の特徴として謳われる、臨場感あふれる自然な音つくりというものが

「こういうことだったのか」

と、体感(耳感?)で納得できるようになります。

おそらく、今まできいていたWADIA6は、まだ「つきぬけていない」という言い方をしても

言葉でしか理解できなかったことが、LTD化によって「納得」にかわることと思っています。

そんな後期型については「極限・最高峰・頂点」ともいうべき名前・LTD(リミテッド)を冠しました。

前期型については、WADIA6の精神・本質・ウィスキーのモルトのような、根源・基(もとい)の意味合いをこめて

かつ、高橋のさらに良い音を提供したい、引き出したいというフロンティア・スピリットの意味合いもかさねて

スピリット(-Spirit-)と名づけてくれるようにお願いしました。

当の本人(高橋)はSPにしようというのです。

が・・・スピーカー(SP)とかスペシャル(SP)とごちゃになりそうで、

代理としては WADIA6-Spirit-でいてほしいんですけど・・・www

当然、次の受付時には

前期型についてはSP化という形で対応できますので、

受付時には提案させて頂く所存でいます。

なによりも、うれしいニュースは

WADIA6-spirit-  販売します(WADIA6 28台目) (06/06)

ですね。

何時だったかの記事で、高橋のことだから、前期型のLTD化を実現するだろうと

書きましたが、これが、まさしく、予言になりましたねwwww

タイミングよくWADIA6前期型をゆずっていただけて、

苦心惨憺・・いや、WADIA6への渾身の思いの集結というか、

あっぱれ、高橋!!

自画自賛ならぬ、他画他賛の代理になってしまうのです(あ、けとばしてくださってけっこうです・・はい)

代理には、こむつかしい内部機構・改造部分の理屈などはわかりませんので、

音についての印象をかいてみます。

WADIA6は前期型と後期型と、微妙なところですが、過渡期?型があるようにおもいます。

基本的には、前期型、後期型とわかれますが、

おそらくですが、後期型はWADIA9のプロトタイプだったのではないかとおもえます。

と、いうか、後期型の変更、ヴァージョンアップに開発した機構がかなりよかったので

WADIA9に移行させた感があります。

WADIA6LTDになってくると、もうWADIA9音質改善ヴァージョンと双璧をなす、しあがりで

どちらに軍配をあげるかというのは、個人の嗜好によるとしかいえないものになっています。

このWADIA9の素のまま(オーバーホール後でも)では、はっきりいって、

WADIA6LTDにかてません。

音質改善をほどこしたWADIA9となら、甲乙つけがたしであるというWADIA6LTDなのですが、

残念な事にWADIA6後期型でないとLTDまでもっていけなかったのです。

WADIA6を最初にきいたとき

正直な思いは、たいしたことのない音だとおもいました。

ところが、巷では、素晴らしい音だという方とつまらん音だという方に

二分されていました。

この噂の奇妙な食い違い。

月とすっぽん・・などとくらべる言葉がありますが、

なぜ、こうも、極端な意見がでてくるのかと不思議におもったのです。

ところが、何台目かのメンテナンスのときに

「あ、これは、すばらしい音だ」というWADIA6に遭遇したのです。

これが、後期型でした。

そして、まだまだ、改善出来る余地をみつけた高橋の奮闘がはじまり

LTDが完成し、まさに極限まで音質を引き上げたという意味合いでリミテッド(限界ぎりぎり)と名付けたわけです。

代理は改(アルミVRDS版)があったので、LTDは「極」(きわみ)と名付けてくれといったのですが却下されました。

そして、先にかいた、世界最高峰といわれたWADIA9の音質改善と肩をならべるところまでいくと

どうにかして、前期型をLTDまでもっていきたいということだったのです。

前期型もまだまだ、改善出来る余地のあるもので、現状の前期型で、満足してほしくないというか・・・。

限界まで音質を上げ切った前期型ができた今だからこそ、いえるのですが、

まだまだ、ひとかわ、ふたかわ、みかわ ほどむけた音に成ります。

代理の個人的な順位ですが

1、WADIA6 改 LTD(後期型)

2、(WADIA6改-Spirit-(前期型))=未着手のため、予想です。

3、WADIA6-Spirit-(前期型)

4、WADIA6 改(後期型)

5、WADIA6 改(前期型)

6、WADIA6 音質改善(後期型)

7、WADIA6 音質改善(前期型)

8、WADIA6 オーバーホール(後期型)

9、WADIA6 オーバーホール(前期型)

10 WADIA6 

 

前期型のLTD化の音は、自信を持ってお勧めできる音です。

LTD化すると、オールマイティで、深みのある音になりますので、

一般的に言われている、ジャズ向きという観念を拂拭してくれて

いろんなジャンルの音の魅力に気が着かせてくれます。

そして、WADIA6の特徴として謳われる、臨場感あふれる自然な音つくりというものが

「こういうことだったのか」

と、体感(耳感?)で納得できるようになります。

おそらく、今まできいていたWADIA6は、まだ「つきぬけていない」という言い方をしても

言葉でしか理解できなかったことが、LTD化によって「納得」にかわることと思っています。

そんな後期型については「極限・最高峰・頂点」ともいうべき名前・LTD(リミテッド)を冠しました。

前期型については、WADIA6の精神・本質・ウィスキーのモルトのような、根源・基(もとい)の意味合いをこめて

かつ、高橋のさらに良い音を提供したい、引き出したいというフロンティア・スピリットの意味合いもかさねて

スピリット(-Spirit-)と名づけてくれるようにお願いしました。

当の本人(高橋)はSPにしようというのです。

が・・・スピーカー(SP)とかスペシャル(SP)とごちゃになりそうで、

代理としては WADIA6-Spirit-でいてほしいんですけど・・・www

当然、次の受付時には

前期型についてはSP化という形で対応できますので、

受付時には提案させて頂く所存でいます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。