記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(薦めるべきか、薦めぬべきか、そこが問題だ)

WADIA WADIA6 29台目

今回はFC2の動画で円盤の振れをアップしていますので、

目に見えて判りやすいと思います。

この円盤の振れについては、高橋もブログで言及しています。

「アイパターンは良好と成りましたがVRDS円盤に振れが出ておりましたのでまずはスピンドルモーターのシャフト曲りを疑いモーター交換しましたが振れは治らず。
又してもプラのVRDS円盤交換をする事になりました。
これでプラ円盤の加工不良は4個目位ではないでしょうか、検査を抜け出たにしては多すぎると思いますね。」

素人考えですが、プラスチック部分であるところで、ある種の静電気などがおきて

プラスチック内部に劣化が起きるのではないかと思うのです。

実際、プラスチックは、日光にあたると劣化がはやいのですが、

分子?素子?部分での振動も収縮も劣化の一因となるのなら、

静電気におけるマイナス素子とプラス素子による、移動や偏りが

筐体内でも、プラスチックに劣化を起こす要因になりえるかもしれないと

足らぬ頭で想像しております。

この劣化がひいては、ぶれを起こしていくのだと思うのです。

アルミVRDS円盤に交換してしまうということが、最善の方法だと思えます。

WADIA WADIA6 5台目改造

アルミ円盤に変えると、読み取り精度もあがりますので、

WADIA6LTDにおいては、アルミVRDS円盤化(改へ変更)は必須です。

(ほかにも理由がありますが・・企業秘密www←実は知らないwww)

今回、まだ、SPIRITについては、提案しなかったのですが

この分もアルミ円盤に変えるとさらによくなるのは、請け合いなのです。

聞くところによると、やはり、アナログが良いということで、

WADIAだけが、アナログに追従できる機器だと思って

オーバーホールということだったようです。

音質改善や改化(アルミVRDS円盤交換)、SPIRIT化などを

すると、アナログとは違う深さというか、

電子信号の波がウェーブであるところによる、位相の伸度が

アナログとは違いながら、アナログに非常に近い音をつくることが出来るのだと思います。

このあたりのことは、設計者のWADIA氏の天才部分だとおもいますが、

どこかの記事でも高橋がかいていたように

ソフト面はそれこそ、神の領域にまでいくようですが、

ハード面(基板やコンデンサや回路)については、

改良、改善の余地のあることからしても、最高品質にまでもっていってないわけです。

ある程度の妥協も必要であったとはおもいますが、

憧れのWADIAが庶民の手に届く・・かも・・という値段にするところで、

最高峰にするわけにいかなかったのでしょうね。

当時、最高峰といわれたWADIA9≪DAコンバーター・相棒はWADIA7≫で、

WADIA9だけで、300万近い値段だったとおもいますので、

WADIA6・・80万?で、最高峰にしてしまうわけにはいかなかっただろうとおもうわけです。

WADIA9とWADIA7 2台でで450万?ほどのものを

WADIA6が1台で 80万で、最高の音になっていたら、商売になりません。

そのWADIA6のサービス終了に伴い

一般の修理屋・メンテナンス屋さんがWADIA6にふれることができるようになったわけです。

そして、もう、直せる人が殆どいなくて

WADIA6は底値だったとおもいます。

オークションで動作品でさえ12万もいくかどうか。

ジャンクのWADIA6を買ってなおしはじめたところが、

世の中のサービス終了に困り果てた人

もっと、WADIA6をよくできないのかという人

プラ円盤の精度のまずさを熟知していた人

アルミVRDS円盤にかえれないものだろうか

から、はじまって

まだまだ、伸びしろがあるとやってきた高橋をみているだけに

オーバーホールだけでは、もったいないやんと

おもってしまう、代理がいます。

ねがわくば、

少しずつ、変えていくというパターンもありますので、

いつか、

この機器のもてる、可能性を最大限にひらかせてあげてください。

ー世界 が かわりますー

が・・・・。

問題がひとつあります。

WADIA6だけをよくしても、

トータルバランスがくずれていると

これまた、もったいないことになるのです・・・

本当、AUDIOは金食蟲です。

うかつにすすめるのも、できにくい・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。