記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(音を楽しむ)

ESOTERIC X-1s

オーナー様からのメールの中に

ーブログ拝見しました。

メールでお知らせいただいていた情報量の10分の1くらいの記事だったので、

つも拝見している記事の裏には、膨大な作業があることがよく分かりました。ー

と、いう言葉をいただきました。

この作業工程については、機種にもよりますが、

かなりの量の写真で、各部分のオーバーホール前・後をおしらせしています。

このあたりのことについては、

施工された方はよくご存じであるとおもうことです。

かつ、ポイントになる重要部分については、

あえて、ブログにはかかげないことがあります。

これは、本当に、電気についてのノウハウがわかっていない方には

できない作業で、ここを簡単にかいてしまうと

ただでさえ、

「ブログにかいてある通りやってみたが、壊れた」

と、おっしゃる方があらわれるのですから

「理屈」がわかっていない状態で、簡単にかいてあるから

やってみようと試されると、高級機器がおしゃかになることさえありえるわけです。

このため、ブログにはあえて、かかず、オーナーさまには、実情をお話して、

納得していただけるオーバーホールや音質改善などの詳細にもふれるわけです。

判らないなりに、疑問をいだかれることはよくあることで、

たとえば、なぜ、そのオペアンプをえらんだのか、とか

クロック交換において、従来の物とどれだけ精度が違うか、とか

質問される方がいらっしゃいます。

例えば、こんな部分についても、高橋はきちんと本人には解答していますが

こういう事も、ブログにはあげません。

それらを仮に他の方がまねをされたとしても

ベースになる、半田ましの技術など、

コンデンサの交換(半田付けを含む)技術などについても

ー高橋ーならではの ものなのです。

この根底があったうえで、音質改善がいきてくるということがわかってないかたが

形だけ、まねをしても、-ベストーにはならないわけです。

そして、何よりも、何度となくもうしあげていることですが

基本はオーバーホールなのです。

他社でメンテナンスしてもらったものです。と、いう機器でさえ、

それは、メンテナンスではなく、劣化部分の補修・交換で

全はんだましをしてある機器をめにしたことはありません。

 

問題のX-1sの音質です。

高橋の判断では、甘い、柔らかな音質が特徴であるということで、

それにみあうオペアンプをチョイスしました。

音質改善で、低域の音も幅をひろげたことにより

何時ものセリフですが、高音域をきわだたせるものは低域であるという理論そのものになり

高音が耳にやわらかく、そのくせ、存在感がシャープになっているのに

それが、耳に角をたてず、低域と共に、体の中にはいりこんでくるので

「柔らかく・あまやかな」音の心地よさに、浸りこめる出来になっているとおもえます。

そして、さらにメールで

ーいま音出しをしています。

音楽を聴くことが楽しくなりました。ー

と、いただきました。

心地よい音というのは、

音楽と言う言葉がそのとおりの「音を楽しむ」ことだとおしえてくれるものです。

X-1sのオーナーさまのその言葉は、みじかいものながら、真髄をついているなとおもいます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。