記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アナログとデジタル÷倍音)

門前小僧でしかない代理はいろいろと「ロゴ」「専門用語」が判らないもので

以前、アナログとデジタルについてしらべてみたことがあります。

音的にいえば、アナログのほうが情報量がおおいというのがわかりましたが

実際の場面でアナログとデジタルの違いというのが良くわからないので

高橋にたずねました。

具体的に説明されたのが「時計」でした。

デジタル時計というのは12:55と言う風に時間だけが表示されるものです。

アナログ時計というのは長針と短針がある、いわゆる昔の柱時計のタイプです。

なぜ、アナログ時計のほうが情報量が多いかという疑問に置き換えて考えてみますと

目で見るだけで、裏?の情報がみえるのがアナログ時計です。

例えば、12時半を指示していた時計をみただけで、1時まで30分あるな。

と、いう空白部分の情報が目で読み取れるのです。

デジタルだと計算して30分という回答をだしてくるわけですが

アナログは目でみて奥や裏にある情報を(知らぬうちに)把握してしまうわけです。

こういう風にアナログの周波数には、多くの情報量があって

音を構成していくわけですが、デジタルはいわゆるコンピューター頭脳の様に

1と0あるいはイエスかノーという把握で構成されているぶん、異次元的?な音の要素がはいってこないわけで

あるいは、正確といえるのだとおもいますが・・・。

ところが、機器によっては、デジタルとはいいがたいアナログ的な音をだすデジタル機器があります。

この秘密はいろいろとあるのでしょうが、

今回WADIA850の感想をいただき(メールです)すこし、疑問がとけたきがしました。

「又、倍音の響きがとても気持ちの良い音に成りました」(無断掲載失礼します。)

倍音って、なに?

はずかしながら機械畑でない代理は良くわからないのでぐぐるまえに高橋にたずねました。

高橋は

「倍音は機械屋の常識。これをどう処理するかが品のよしあしになる。時に雑音になったりしてたいへんなのだ。みんな、倍音はあるんだよ」

うむむ・・・・。

やっぱり、ぐぐってきます。

で、単純にいいますと、

音の要素といいましょうか。

ドレミとある、ドの音一つの要素(原子?)はドだけじゃなくて

いろんな音が混ざりこんでいる。

和音のようなものでドミソと三つのキーをおして、一つの音になっている。

おおまかにいうと(いいすぎですか・・・)こういうことだとおもったとき、

先のデジタルとアナログに当てはまってきたのです。

例えば、ドという音を構成しているのはすでにアナログ機構であったということです。

この倍音の性質・カラーで雰囲気をつくるといいます。

たとえば、タモリ(が、かいてあったので・・・www)の倍音は、はりのあるちょっと荘厳な感じの雰囲気をつくりだしているとか。

メーカーが開発時点で、こういう倍音をあやつっていくことで機器の個性がでてくるのかもしれないと想ったりしました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。