記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理、キレました!!  「なんちゅう事を・・・」

もうひとつ、前の記事で

自分で梱包する場合というのを並べて

某社の梱包の仕方が杜撰とかいたわけですから、

代理が切れた相手は 「自社で梱包するサービスを行っている」輸送業者になるということは、

もう、ばれているということですね。

そんな梱包サービスをする業者は、限られてきます。

そして、3度はクレームをいっていないと、と、いうのですが

殆ど、自社梱包輸送業者に移送を頼む人はいません。

つまり、めったにない自社梱包輸送業者にクレームをいうより、

自社梱包輸送業者に頼んでしまった人に

その杜撰さを伝え、今後、大事な機器を自社梱包輸送業者に委託することのないように

あるいは、きちんと梱包されている事を確認してもらうようにする。などの

対処のほうが有効だと思えたわけです。

そして、そういう委託者からのクレームのほうが、大事だとおもえるし

自社梱包輸送業者にはこちらが委託していないのに、クレームをつけるのもなあという思いも有るわけです。

無論、当方は、そんな杜撰な梱包の仕方をする自社梱包輸送業者に再度委託してお返しする事はしません。

きちんと、オーナー様にどういうふうに杜撰か、お伝えしたうえで、梱包もやりなおし、

ヤマト便で送り返します。

そして、ここ何年かで何回か(数度?)の自社梱包輸送業者からの配達物は

「この梱包で、金をとるのか?

機器を壊しても良いような梱包しかできないのか?

これが輸送業者という名前をつけているプロか?

仕事に対してのプライドもなければ、

送る側の機器にたいする愛情をふみつけにするような杜撰さ」でした。

オーナー様はどんな思いで、機器をオーバーホールするだろう。

なかには、梱包・輸送で機器を傷つけられたくないと、

頑丈な箱をつくったりして、機器が蘇ってくるのを祈って輸送業者に委託する。

そんな思いをくんだら、

ぺらぺらの大きな段ボールにクッション材を巻き付けた機器をいれるだろうか?

急カーブなどあれば、箱の中で機器はうごきまわる。

箱ごと転げだすかもしれない。

諸事情があり(後で書きます)仕方なく、自社梱包輸送業者に委託しようとしたところ

中身はおいくらの物ですか?

30万です。に、にべもない返事。

ーそんな高いもの、うちではあずかれませんー

「でも、送り主は50万の保険をかけてきていましたが

保険を掛けさせておいて、帰りはお断りですか?

50万がたかくなくて、30万は高いのですか?」

その切り口上にいささか、腹をたてたか、いいだしてきたのが

「此方では、外観に傷がない場合は保証しません。

AUDIO機器の場合でも、ピアノでも 傷の有無で判断します。

外観に傷で判断するのに、30万にしろ、50万にしろ 高すぎます」

せいぜい、5万、10万の世界だろうというわけです。

実際、ヤマト便であった事故では、外観には傷がなく

箱も傷がありませんでした。ところが、返送されたものをみてみると

コンデンサをインシュロックで縛り付け・・良くわからない接着剤でかためたもので

簡単に引っ張った位では取れないコンデンサがばらけて、筐体の床に転がっていました。

おそらくですが、真下にすとんと落としてしまった事故だったと思います。

こういう場合、箱下のクッション材などがかなりショックを吸収してくれ

箱も異常がないのですが

やはり、筐体内部はショックをうけていたわけです。

機器の事故は例えば、基板やICなどの特別固有のものに及んだ時までかんがえて

お客様に弁償する時を考えて(最悪の破損の場合 同じ機器を購入して、オーバーホールをやり直して、代替品を渡す)

同じ製品を購入した時の代金と此方のオーバーホール代金等を加算した額に近い金額を保険代金として想定しています。

<一概にいえませんが、WADIA9などになってくると、100万を超してしまうわけですから

さすがに此処まで弁償しなくてはならないとなったら、断ってくる可能性が有ります。

むろん、今までの事故で全弁償ということになったことはなく

破損部分の手当てということくらいなので、10万であろうが、100万であろうが関係なく、

一方的にヤマト運輸に非があれば、保険金額に無関係と成ると思います>

 

つまり、自社梱包輸送業者の理論?方針によると

傷さえついていなければ、丸々1台買い直して弁償する様な内部破損をうけていても

弁償しない。と、いう逃げ道を先に作ろうとしたわけです。

このセリフに驚きつつ、

「本当にそうなのですね?

本社のほうに問い合わせさせてもらっていいですか?」

と、きりかえしていくと、

「こっちに非が有る場合は弁償しますが、調査してからに成ります。」

どこに、調査してもらうんでしょうwww

ヤマトさんの場合は当然此方に依頼してきます。

ちゃんと直した証拠もありますし、どう壊れたかも、此方の資料写真と比べればすぐに判りますし

直すのも此方が出来ます。

こういう、こちらが調査出来る側であるということも判らない状態で

かつ、他に修理を依頼したら、どれほど高く付くか

そこを知っていればこそ、高い保険代になるなら受けられませんと断ってきたようにみえます。

杜撰な梱包では、弁償代金もふえて、あげく、誠意のない応対を繰り返す。

どこかの小学生に梱包をまかせたのだろうかと思う様な梱包をものともせず

数少ない配送でありながら梱包物の梱包のまずさは見事に全ての回に当てはまり

これは、きっと、AUDIO機器の弁償問題もからんで

「あそこには、AUDIOはまかせられないと思わせて、もうAUDIO配送の依頼をこないようにさせよう」

と、わざと、やってるんじゃないかと思う程

後になるほど、杜撰さが酷く成る・・・。

 

そして、先日、来ました。

クッション材をまきつけ、二回り以上大きい箱にぽんと機器をいれて

ご丁寧にお二人で玄関まで運び入れて

あけて、びっくり玉手箱

玉手箱の外見は、異様な凹みがあり

見ただけで、ぺらぺらの段ボール

そのうえ、あの凹みは箱の中に何の断衛材もないと言っています。

そして、異様な隙間のある空間に

機器がぽつねんと・・・

代理  余りにも 情けなく 涙がこぼれそうでした。

が、それ以上に わいてきたのが、

こんな自社梱包輸送業者がいることを伝えておかねばならないという事でした。

 

で、なければ、これは、みてみぬふりをする悪党となんもかわらんじゃないかーーーー

と、まず、自分にキレました。

 

次回、なぜ、こんな杜撰な業者に機器を委託するのだろうという疑問への答えをば

書いてみます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。