記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理、キレました!!  裏側事情を思う1

前回の記事から、抜粋します。

 

頑丈な箱をつくったりして、機器が蘇ってくるのを祈って輸送業者に委託する。

そんな思いをくんだら、

ぺらぺらの大きな段ボールにクッション材を巻き付けた機器をいれるだろうか?

ここですね。

確かに、業者側の杜撰な梱包があるのは事実ですが

なぜ、自分で梱包しないのだろう?

オーデイオショップさんによっては、柔らかな発泡スチロールを

箱に充填して、そこに、機器をいれて、機器のカタドリをして

発泡スチロールを固まらせてから、機器を納めて発送するという

とても、すばらしい梱包をするところがあります。

残念ながら、弱小企業・・弱小事業主では、こんな機械を導入することはかなわずいるのですが

基本、送られてくるのが、最初ですから、

梱包のスタートは機器のオーナーさまの判断によるわけです。

すると、どういうふうに梱包するのが安全だろうか

どこの業者が安心だろうか

と、オーナーサイドも一抹の不安をかかえながらも

自分で出来る部分にたいしては

精一杯、梱包するものだ。

と、代理は思い込んでいました。

機器に対する愛情があるからこそ、オーバーホールをする気になるのだという前提観があったわけです。

ところが、先にふれた、事故の原因の多くは梱包のまずさによることが多い。

と、いうように、大切な機器であるはずなのに

移送中の受け渡し(センター集配など)中に、あっさり、中身が飛び出す梱包

これで、内部までもが壊れましたという決定的な新しい事故痕があったとしても

はたして、ヤマト運輸が弁済する義務があるでしょうか?

申し訳ないことですが

これは、弁済されました。

ヤマト運輸に関してという言い方しかできませんが

別のとき、ガラスケースに入った人形の移送を委託しました。

集配にきたドライバーは中身を確認すると

この梱包では、委託を受領できませんと、ことわってきました。

かなり厚めのダンボールに元箱ごといれ、その隙間にも厚めのダンボールをいれ

その上にまだ、厚紙でつつんでとかなり厳重に梱包したのですが

無事に配達できる保証がない。

とのことでした。

壊れたら弁償金で新しいのをかえばいい、などという悪意を例えにしてしまうのも

なんですが

品物は親子2代にわたるお雛様で、子供にとっても世界にひとつしかないものです。

自分自身(子供自身)のおひなさまへの思い

飾られたときのうれしさを、また自分の子供に渡していく。

他に代替品などないわけです。

こうなれば、しかたがないと、コンパネをかってきてもらい

高橋に外箱をつくってもらい、無事、子供の元におひなさまがとどいたわけです。

引用がながすぎて、話がぞれそうですねww

つまり、ヤマト運輸もこんな梱包では引き受けられない。と、断る権利があるということです。

断らず。これはだめだと判断できなかった。と、いう点で

申し訳ないことですが、弁済の義務が生じてしまったところがあったのです。

 

上記の事は結果論ですが

オーナー自ら、杜撰な梱包をするということに代理は正直、目が点になりました。

そのころは修理のみも受けていたと思うのですが

(と、いうか送られてきたら、修理だけでいいですという、結果だったり・・

その機器だったのか、オーバーホールまで依頼だったのか

わすれてしまいましたが・・・)

運送会社に対する絶対的な信頼(妄信?誤解?)があって

適当に梱包しても、きちんと配達してくれるとおもいこんでいた節があったとおもいます。

このような状態で

いくつかのオーナーサイドの梱包のまずさが事故にならずとも

事故を引き起こす可能性があるとわかれば、

当然、こちら側も改めていかねばならず、オーナーサイドの自主梱包に頼らざるを得ない以上

ーきちんと梱包するーという概念を当たり前の・・常識にしてもらうためにも

O&Aなどにもとりあげてきました。

 

おかげさまで、当初のころのようなまずい梱包はほとんど見当たらず

 

安心していたところがあったわけです。

そこにやってきたのが自社梱包輸送業者に委託したものだったわけです。

 正直な気持ちをいえば、

 

なんで、自分で梱包しないの?

自分こそがきちんと梱包できる第一人者じゃないか?

でしたが、上にかいたように、第一人者じゃない場合もあったし

 

自社梱包輸送業者というプロに委託したのは

 大事だったからこそであり、

 プロだからこそ、きちんと梱包してくれると絶対的に信じていたからでしょう。

が、その信頼は幻か偶像崇拝のようなものでしかないという事を告げる結果になるのです。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。