記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・・・気兼ねなくという事を・・)

現在、受付再開予定を8月末とおしらせしたまま

放置になっています。

よくご存知の方は受付再開1週間ほど前から

再開予定日の告知がはいるとふんで、

そろそろ、再開予定日告知の記事があがるだろうと

見に来てくださっているようですが

こちらが、メンテナンスしたものは半永久的に診ますということもあって

ブログにはあげていないのですが、

グレードアップもふくめて

支障のでたものなど、受け付けていますので

再開予定がずれ込むことがあります。

今回も

わずか1年前にオーバーホールしたものがおかしな動作をするということで

やってきました。

結果は残念なことにIC・マイコン部分の故障でした。

めったにないことですが

メーカーの検査の基準が甘いといっていいか

精度がだせない工法のようで

1000~10000に1個不良品がでるくらいの状態で

合格というラインのようです。

1000としても、WADIA6の番号でいえば

全体、およそ3000台の中、3台という確立ですし

10000と考えれば、0,333・・・という確立で

マイコンの故障はまずありえない。

と、なるわけです。

ところが、これは、新品の状態での検査基準ですから

長年の使用や

使用環境によって変わってくると思えます。

筐体の使用履歴など、判らないことですが

場合によっては、間違って大きい音でならしてしまったとか

アースがとれてなかったとかからの逆流電流

コンデンサが劣化しているのに使い続けた結果負荷がかかる

半田クラックにより、一部の健全な半田におおきく電流がながれてしまったとか

【いや、素人考えなので、頓珍漢を言ってると思います】

それこそ移動などでマイコンにストレスをうけたとか

それぞれの筐体の過去になにがあったか、わからないのが現状なのです。

そして、かろうじて検査に合格したマイコンが流通している可能性もありながら

現状をしらべても、ちゃんとした電圧やパルスがでていて

このマイコンは壊れるとは判断できないものなのです。

常々聞いている人にしかわからない違和感があったりとかはあると思うのですが

検査の上ではまったく正常な数値がでながら

突然、壊れるという事があります。

今回の連絡では、トレーから異音がするというのですが

1年前のオーバーホールですので、

まず、ベルトなどのへたりは考えにくいことです。

しいていえば、ガイドレールの給脂・・?が、きれてしまったのだろうか?

くらいです。

この給脂も素人さんがなおしたものか

変なグリスでべたべたにしたり、シリコンオイルをおかまいなしにふきつけたり(いわゆる556とかです)

まちがった物を間違った分量で使用することがあるのですが

実は微妙な適量というものがあり、塗りすぎても、少なすぎてもだめという状態なのです。

この適量というのは、量ってなんぼというものでなく

長年・・あるいは数をこなすことで得た「勘」という職人の特種能力からのものですwwww

ですので、予測外の設置環境で給脂が枯渇したとかならありえるかなあと考えたりするわけです。

まずは診ますので至急送ってください。と、なるわけですが・・・。

メールをよみますと、

何ヶ月前から・・症状がでて・・・という言葉があるのです。

今回は結局マイコンがだめだったのでどうしようもない(代替品がない。同じ機器を購入するしかない)ことでしたが

何ヶ月前から・・症状がでて・・・という言葉

これは、問題があります。

早く送ってきてくれればマイコンが直ったという事でなく

マイコンでない場合、たとえば、本当に給脂が枯渇していたとします。

スムーズにうごかないものを動かすという事は

どこかに負荷が生じるという事です。

その負荷により、たとえばモーターに披瀝して、熱があがり

筐体内に熱がこもり

他の場所も破損するというということもありえるわけです。

ですので、当方では

発送したあと、

ブログ掲載の報告のおりなどに

ーなにかあったら、気兼ねなくお申し付けくださいー

と、必ず書き添えています。

この言葉が重要なのです。

オーナーじゃないと気がつかないことがあるのです。

実際、こちらにきても、いい子になってしまって症状がでないということもあるわけですから

常日ごろ聞いている方の「気づき」は大切なのです。

こんなささいなこと、などとか

山手さんいそがしそうだし・・とか

そんな気兼ねで早期発見を見過ごさないでほしいのです。

こんな言い方はがっかりさせてしまうかもしれませんが

こちらも、完全・絶対ではないのです。

はじめて、よその子をみて、いつもより元気がないと、わからないように

些細な不調ほど診断しにくいからこそ

そして、その些細な不調が重大な病を併発させるかもしれないから

どうぞ、はやめはやめに問い合わせてください。

当方としては、メンテナンス後に不調がでてきて

再入院になるということもあると書くことは

当方の施術に不備があったと思わせてしまいかねなく

商売根性でいえば、マイナスの風評被害を自分で与えることになり

代理としては、書かずにすませてしまいたいところではあるのですがwww

高橋の考え方をいえば、すでにブログに、再入院ですとかいていたり

返送後、どこそこの異常でかえってきてしまいました。

と、つつみかくさず書いています。

(軽度とおもわれるものは、かいていませんが・・)

それもこれも、はやめの対処をすることでなおせるということ。

ここが重要だとおもうからこそ、書いていると思いますので

なんだ、と、思われようが、かまいません。

大事なのは、オーナー自身の「気づき」であるということに

しっかり、自信と自覚をもってください。

わが子をみていて、熱っぽいようだ?

咳をしてるぞ。鼻水ひどいぞ。目も潤んでしんどそうだ。

と、なったときに

まあいいや、ほっておこうとはおもわないでしょう?

これでこじらせたら、体が弱い(古い機器である・・とか)子だから

早めに医者につれていこうとなるでしょう?

何度も、繰言になりますが

AUDIOも生き物です。

オーナーさまだけが頼りな

犬と私の十か条じゃないですが・・・

オーナーさまを頼りに生きている生き物なのです。

どうぞ、オーナーさま。(音生活の)パートナーをよろしくお願いしますと

娘を託したように高橋は思っているのだと代理は思うのです。

だからこそ、

気兼ねなく、お問い合わせください。

そして、本当にささいなことだったら、それはそれで、安心できるでしょう?

重大なことになりそうなら、食い止められる。

ほんのすこしのメールで・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。