記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WADIA6-spirit-  販売終了しました。(WADIA6 28台目)

WADIA6-spirit-  販売終了しました。(WADIA6 28台目)

詳しくは、リンクを開いて貰うとして

これは、CDX-10000あたりでも、起きていたことですし、

L-580押しかけ女房編でも、少しふれていますし

他の記事でも、スピーカーの空気振動の位相効果など

スピーカーによっても、有りえる事なのですが、

WADIA6 LTD化で、

他の機器と圧倒的に変わる事は

体感と、いうことです。

他の機器は音の外で、音をきいているという感覚ですが

LTD化したものは、

音の中に自分が包まれているように、音の中にいるというより、

音と一体になってしまう感覚があるのです。

と、いうのも、音というのは、耳に聴こえない部分も

響きや空気振動を起こしている物なのです。

そして、低音、中音あたりまでが、人間の構造上

地面にたっている、接地している構造であるため、

低音によって、底辺部分をゆすぶられるのです。

高音のひどいものなると、キーンという耳鳴りになってしまうのにくらべ、

低音は腹にずしんときたり、低音の響きにゆられる心地よさを感じる事が有ります。

当然、うちのCDPやSPもそうだよ。迫力あるよ。

と、おっしゃられるとおもうのですが、

CDX-10000のOH・音質改善をおこなったJ氏が、

改までは、どっこい、どっこいかなと思ってらっしゃった様ですが

LTDを聴いたら、

「しびれる」という表現になるわけです。

これは、何故かというと、J氏は当方に近い処に住んでいる事も有り

CDX-10000の受け取りと試聴をかねて、遊びに来て下さったのです。

その時にJ氏のアンプでききたいとアンプも持ってきてくださったように思います。

CDX-10000もそうですが、アンプも高鳴り気味です。

この高鳴り気味の音は、迫力があるように、聴こえるのです。

腹の底からひびいてくるような、低音という「うねり」がなくても(ないわけじゃないですが)

高鳴り気味になった低音は、もう、低音でなく、中音になっているので、

音がはっきりして聴こえるわけです。

これを低音だ、心地よいと学習してしまっているのです。

一抹の不安がありました。

本当の低音は体を包み込んでしまう空気振動をもっています。

でも、高鳴り気味の音を迫力が有ると感じてしまう耳になっていたら

LTDの真価を判って貰えるだろうか?と。

ところが、案に相違して、

「しびれる」まさに、体感として、受け止めていらっしゃる一言です。

SP(スピーカー)の方のほうも、デュアルサウンドというのでしょうか?

機械的に音をつくりだしているもので、

SP(スピーカー)自体の音に、響きも唸りもない。

で、あるのに、やはり、耳がそれにエージングされているので、

迫力がある。低音がでてると思いこんでしまっていたわけです。

なかば、喧嘩沙汰で、

もう一回試聴してほしい、位置調整とか微妙ですから

私がセッテイングします。と、まで、おっしゃってくださってるのを

ぼこぼこにけなし・・・(その節はすみません)

空気振動やら、位相やら、お寺の鐘まで、もちだして

けむにまいて 説明したところ

高橋と同じ SP(スピーカー)自然な音がでるSPを購入され

ネットワークも、直されたか?

そこまで、やってみて、やっと、ああ、これが、本当の低音なんだな。

と、耳が学習しなおすというより、

体感が耳をひっぱっていくことになっていくのですね。

 

LTD化(SP(スピーカー)によっても)で、

実は中音、場合によっては、中高音を低音だと思いこまされていることにきがつくわけです。

確かに、中音、高鳴り気味になっているのは、

どすどすと、身体に響く部分を、耳にどんどんというかんじに聴こえる為

輪郭がしっかりしていて、いっそう、迫力があるように耳には感じさせます。

ですので、この高鳴りに慣れている人には

おそらく、なにか、物足りない、迫力がないと感じられるのでは?

と、思っていました。

やはり、Blue Note さんも、最初はそう感じられたようです。

けれども、音の厚み、密度の違いがあることに、すぐ気が着かれて

ーしかし、聞き込んで行くと、細部のディテールがきめ細やかに表現されていることが解りました。ー

と、いうことで、お買い求めいただけることになったのです。

代理の勝手な想像ですが

ご自分の部屋で、存分に 音を体感しようということではないかと思います。

 

ゆっくり WADIA6 SPと向かい合える時間に

音のうねり・響きに、浸りこんでもらえるのが

一番良いのではないかと思え

一番、オーナー様に近い環境においてもらえて

WADIA6 SPにとっても

最高な満足ではないかと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。