記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明が不足しすぎるか、長くなるか、両極端である

Q:

PHILIPS LHH1000のDAコンバーターが不調です。

修理をお願いしたいのですがどのようにすれば宜しいでしょうか.

 

A:

お問合せありがとうございます。

まず、サイドバートップに掲げています。

1月4日23時、本年度1回目の受付を休止しました。

アンプのメンテナンス受付は停止しましたので、

今後、D/Aコンバーターを含むCDプレーヤーのみの受付になります。

 次回、受け付け再開は6月中旬を予定しています。

並びに当方では修理のみはお受けしていません。

オーバーホール前提の上で、不具合箇所対応になります。

 詳細は

http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

 

 と、以前はもうどこのくそ意地わるい奴だろうかと、おもわれてもしかたがないような

つっけんどんな返事をしておりましたwww←笑い事じゃない

受付再開の1週間ほど前から再開日の告知をしますので、

受付日になりましたら、メールでご依頼ください。

と、追記するべきなのですが・・・。

2015年は、正月に受付をして、この時点で25台ほど、依頼をうけました。

日付が変わったとたんに、依頼メールがはいってきますので、

その返事に、3時くらいまで、かかって返事をして

次の日からは送られてくる機器の保管と、到着日を記入して

到着の由返信いたしまして・・・。と、代理も代理なりに忙しくしておりました。

ところが、今年は次から次へと、本業がはいってきて、

AUDIOの依頼になかなか、着手できない日々が続き、

最後の1台が9月になってできあがり、

その後にも、OH済の機器の異常があったりして、

対応することになるわけです。

これは、受付再開が遅れる。

そして、高橋の何年も前からの計画にあったWADIA6 前期型のLTD化とか・・

WADIA850・WADIA21のLTD化

こういうものも、何度か、機器を購入して、トライしたいと考えていた高橋なのですが、

さすがに、2台で、60万円ほど????

簡単には購入できないわけです。

代理も、さすがにみかねて、

そういうプロジェクトがあるから、やってみないかとお客様にたずねあわせたら

どうだろう?と、言ったのですが、

お客様の機器を実験、試作機にするわけにはいかぬ。

と、どうしても、首をたてに振ってくれないわけです。

ところが、

やはり、WADIA6LTDのすごさですね。

この音をきいてしまうと、WADIA6の上位機種ならもっとすごいことになるのではないか?

と、お客様のほうから、

プロジェクトをすすめてくれともうしこんでくださり、機器がおくられてきました。

高橋からみると、

どの機器もそうなのですが、

まだまだ、性能をひきだせてないわけです。

たとえ、新品の機器であっても、メーカーのコストダウンのために

あまり性能のよくないコンデンサをつぎこんでいたりと、

最初から、もてる能力めいっぱいだしきっている機器はじつはそんなに多くないところに

年月がたつと、もっと良いコンデンサやらオペアンプやらでてきていますし

もっと別のところで、コストダウンをはかっている部分をかえたりもできるわけで

こうなると、

今の技術で目一杯につくったものを100としたとき、

と室気がたっているものは、へたをすると(コンデンサ・半田の劣化も含めて)50くらいになってしまっているわけです。

これをOH、音質改善などおこなっても、機器によっては120くらいになるものもあるとおもいますが、WADIAについては、OH・音質改善をおこなっても、80くらいかな?という感じなのです。

LTDまでいくと、120~150の数値になってきますが・・・。

この120~150などという技術がわかると、

当然、他のWADIAも、極限までもっていきたくなるわけです。

あるいは、いかにメーカー神話が根強いか。

まだまだ、本当の音をしらずにいるんだということを

証明していきたいということでしょうね。

もてる能力をめいっぱいひきだしてやりたい。

その思いをみていますと、

代理としては、

あの~~、他の方も、まってらっしゃるとおもうんですよ~~~と

言う口をつねりあげるしかなくなるわけです。

こういう姿勢がまた、他の方の機器にたいしても

きっと、プラスになる何らかのスキルを身につけるんだともおもえます。

小手先の音質改善などやらないのは、

代理のブログを読んで下さっている方には周知のことだと思いますが

再度、申し述べておきます。

まず、機器の体調を万全にすることが先です。

つまり、コンデンサ全交換、半田全部増し半田。

これで、音質改善できる、健康体になるわけです。

そこで、はじめて、音質改善。

音質改善で、ベースがととのったら

やっと、クロック・・です。

この順番をくるわすことはありません。

小手先だけ、つまり、突然オペアンプをつけかえたり

クロックだけをつけるなどということはしません。

長くなってしまったので、此処で終わります。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。