記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お報せのはずが・・代理の「思うところ」・・・(トータルバランスはMONO職人が理想)


アンプメンテナンス履歴一覧表
に2件記事を追加しました。

この先、アンプのメンテナンスはお受けしないのですが
公開したぶんは履歴として表を作成しました。↑
此方にももってこようとしたのですが文字数制限にひっかかりあきらめました。

よくAUDIOはトータルバランスが大事というのですが、
これは、各々の機器(プレーヤーやアンプやスピーカー)の能力がある程度そろっている。
と、いうことと
特性や個性という相性部分もさすとおもいます。

トータルバランスを考えたときにも
実はメンテナンス上でのトータルさというのも本来重視されるべきなのだと思います。

DAコンバーターはプレイヤーであるという見解で直していますが
本来はこれはプレーヤーとセットになっているものですから
プレーヤーとともにメンテナンスして一新したほうが良いと考えられます。

と、考えれば
システム全体にたいしても同じことがいえると思うのです。
(スピーカーはちょっとべつとして)
オーバーホールをおこなうという事はほぼ新品、初期出荷に近い状態にもどっています。

20年・30年つかったシステムの劣化は
プレーヤー等一部に発生しているわけでなく
全体に発生しているはずです。

と、なると
本来・・メンテナンスを行う
トータルバランスを考慮するとなると
全体の個性・特性を考えたときには、一人の技術者が全てをまかなうのが理想だと思うのです。

技術者の耳によって
使用するコンデンサやはんだや音質改善の場合はオペアンプなどなど
技術者が選択する場合が多いと思うのです。

コンデンサひとつでも、音ががらりとかわります。
詳しくはかきませんが
A社のあるコンデンサは高音が硬く透き通った感じになる
B社のあるコンデンサは低音が厚くなる
という具合にコンデンサにも微妙な個性や特性があるのですから
どのコンデンサとなら相性があうかなどなど
これまた技術屋の判断に成ってくると思います。

と、なると、
本来は全てのシステムを一人の技術屋さんにまかせたほうが
本当のトータルバランスの実現できるのではないかと考えるのです。

と、なると、
プレーヤーをメンテナンスして「アンプも」というリピータ―の方の思いの中に
「プレーヤーをここまで良い音に引き出してくれるならアンプも・・」という
トータルバランスへの嘱望があるとおもうのです。

ここを想うと本当にアンプをお断りするのは申し訳ない事だと思うわけです。

反面、
過去アンプをお受けした方、あるいはラッキー。
アンプとプレーヤーもと言う方はあるいはハッピーだったかも・・。

相変らず、自分のアンプには取り組んでる高橋です。
現在
真空管アンプとトランジスターアンプとプリにパワーにコントロールアンプと
5台のCDプレーヤーがあり、それらを切り替えるチェンジャーなど
もう代理ではどう触っていいかわからない。
当の高橋もたまに切り替えを間違えるwww

アンプの履歴表のお報せのつもりが
またも代理の「ごたく」になってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。