記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(WADIA オークション事情 2)

オークションでは、ノアさんのサービス撤収により、やはり、WADIAの放出がふえていると思う。

ふえているのは、よいのだけど、

何ですか?その値段と思うものがちらほら、でている。

たとえば、WADIA21。

すでに、アクシス時代から、サービス終了であったため

当方でも、19台(ブログ未掲載が1台ある)をメンテナンスしているが

OH/音質改善/ピックアップ交換をほどこしたものでも、

40万台という値段はありえないwww

ましてや、当方の感覚で言えば

40万円で購入したものであっても、最低、OHは必須である。

どこの誰が40万以上で購入して、このうえ、まだOHしようと思うだろう?

オークションをみていて、いつも思うのだが

たとえ、1円スタートであっても、きちんと、落ち着くところに落ち着く。

つまり、妥当な値段になる。

それを、はじめから、妥当と思われる値段、あるいは妥当を上回る値段を設定して

購入希望者の触手がうごくだろうか?

妥当と判断される、その判断材料を自覚していないのだろうと思う。

たとえば、代理が個人で(誰かわからない状態で)

WADIAを出品して、この機器は良い音ですよ。状態も良いです。

と、いうのと

憧れのAudio 高橋が名前をだして

この機器は良い音ですよ。状態も良いです。

と、いうのとでは、同じ値段にはならないだろう。

調子がわるかったら、みてもらえませんかといえる相手と

返品するしかない相手とでは、裏にある保証が違う。

おまけをいえば、この機器状態が良いですよという中味がちがう。

代理(誰かわからない)だと、本当だろうか?と思われるだろうけど

高橋がだせば、中を見て、ピックアップのレベルもはかって、実際の音をきいて

通常のWADIAの音への造詣も深い。その人が良いというのなら間違いない。

と、なって、機器の価値もあがる。

たとえていえば、伯楽の一顧というのがある。

馬の目利きにすぐれていた伯楽という人がそこらにつながれている馬を

ちょっとふりかえって見ただけで

あの馬は名馬に違いないとその馬をかいとりに行く人が現れる。

その伯楽が太鼓判をおせば、もうまちがいがない。

と、なるのだろう。

ところが、オークションになると、売り手の皆様が我こそは伯楽であると

俄か伯楽になってしまう。

どうも、そこが曲者だと思う。

オークションでは、買い手こそが伯楽である。

売り手のバックグラウンド(個人かショップかなど)を含め、

買い手がふりむく(一顧)があって、はじめて価値がきめられていく。

どうも、それが、考え方が違うのだろう。

40万台などというおそろしい値段も

通常相場をみずに決めているのだろう。

買い手が判断する価値をしんじていないというか・・・。

こういうのが、変な神話をつくるのだろう。

A・・・・・は良いとか

B・・・・・はよいとかwww

実際、きいてみると、巷の神話がどこからわいてきたのか不思議に思う。

これらも、オークション同様、俄か伯楽が出没して

風聞を広めたのだろうか?

実際のところ、金儲けで、機器評をかいているものは、

メーカー側へのある種の考慮があり、いわゆるグレーな評価を下している。(場合がある)

あるSPの記事をよむと、たとえば

迫力があって、低音の輪郭が良い。

などと書いてある。

実際、きいてみると、高鳴り気味の中音で、低音がでているように錯覚させ、

空気振動がない。

だが、そこを書くわけにはいかないので、くっきり感が持ち味であることを

プッシュすることになるのだろう。

実際、CDPでも、そういうパターンがあり、

たとえば、WADIA9,

WADIA6LTDと比べると、残念な音だった。

高橋が、評論家と違うのは、WADIA9の音質改善を施せるところにある。

通常に考えたら、OHだけで、十分だと思われるだろうし

まさか、WADIA6LTDに負ける音しかでていないとは思えないだろう。

なによりも、残念だったのは、高橋だろう。

早速、オーナー様に実情を話し了解を得て、音質改善プラスα(内緒ww)を施したわけだけど・・・。

実際、お客様の要望というものもあり、

音質改善しなければ、たいしたことがない機器であっても

音質改善は元の音がかわるというこれまた、妙な神話を盾にして音質改善を施そうとしない人が居る。

これもまた、どこかの評論家(俄か伯楽)が、作った神話でしかない。

おそらくであるが、

OHなしで、音質改善をしたり、実際の聞き比べで、チョイスしたオペアンプでなく

これまた俄か伯楽の受け売りのオペアンプを投入したり・・・

仮にまともなものをチョイスしていても、もともとのOHを徹底していない状態で、音質改善などしても

へたった音をさらに解像度をあげるだけになる。

こういうことが、判っていない俄か伯楽の言葉を真に受けている。

それを信じさせるのが、オークションでいう(ショップ)の立場であろう。

評論家という肩書きを信じてしまうというか。

SPの評論を読んでいて、つくづく、思う。

こちらは、CDPであるが、どこをどうすれば良くなるか判っているという技術の裏打ちは

逆をいえば、この音じゃだめだと判る耳があるということ。

その結果として、OH(全基盤全半田増し・コンデンサ(グレードアップ。適材適所)全交換)こそが

基本だと言い切る。

其処を行わずにして、いや、其処にきがつかない俄か伯楽の一顧に踊らされることがある。

厳しい言い方だが、

その音でかまわない。

あるいは、高橋のいう事を信じない。のは、個人の自由である。

だが、代理は、思う。

それは、まるで、オークションで、WADIA21に40万台の値段をつけている売り手と同じだと。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。