記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(検索ロゴから、思うままに)

コンデンサ、澄んだ音という検索がはいってきていた。

この澄んだ音という表現が実は代理にわからない。

曲と曲の間にある無音が完璧な静寂になる。

これをいうのではないだろう?

あるところを変えると、音が緻密になり

通常ならギターの弦がなっているという状態が

ギターの弦の一本一本の音が解析され、表現されている。

これも、澄んだ音というのではないだろう。

クリアな音というのなら、やはり、OHによる、

(全基盤全半田まし・コンデンサグレードの高いものに全交換)で、

音はかなりクリアになる。

が、たいてい、グレードの低いオペアンプがついているので、

10クリアになっても、オペアンプが、6~7くらいの解析・表現をしないので

オペアンプもかえるとよくなるし、

オペアンプのための電源補強もするので、

オペアンプにありがちな、高い音にかたむくというパターンもなくなり

低音域が高音域をささえてくれる。

もちろん、音もクリアになり、輪郭がくっきりする。

 

コンデンサ 澄んだ音・・・

う~~~ん

コンデンサだけにたよると、きれいだけとか

くっきりするがキンキンしたかんじになるとか

柔らかくなって、押し出し感がなくなるとか・・・

 

つまり・・・?

なにかコンデンサなどをかえてみたものの

足らない部分がある。

と、いうことで、補充的に個性のあるコンデンサをいれてみるということだろうか?

 

澄んだ音って、むしろ、抵抗で変わる部分じゃないだろうか?

いつだったか、高橋がサイテーションのあまりにも、しょぼい安物の(性能が低い)抵抗を

グレードの高いものに、かえてみた。

ところが、すっきりくっきり、優等生の音で、おもしろみがないというか

すごいべっぴんさんなのに、色気や艶がない。

かざっておいといたら、みあきるぞ!!というパターンで、

これは、設計者、わざとこのプアな抵抗をつっこんで、

独特のざりざり感をだすことで、微妙な余韻や色気やふくらみをつくっているのだと納得して

もとにもどした。

と、いういきさつがある。

なにがいいたいかというと、頭で考えたり、データでなんとかだけでは、

割り切れないものがある。と、いうことになる。

これは、よくたとえにだすのだけど、

清酒をつくるのに、灰をいれてということがあるらしい。

そもそもが、杜氏が酒蔵の施主と喧嘩したかなにかで

嫌がらせにどぶろくの中に灰をつっこんだそうで・・・。

この嫌がらせがきれいに澄んだ酒を造るきっかけになったそうな。

通常の頭で考えたら、灰なぞ絶対、いれないわけだが、

AUDIOの世界では、あえて、灰をいれるということがありえる。

澄んだ音を目指すためにあえて、どこかに灰になるものをいれる。

と、いう、試行錯誤も必要なのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。