記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(スキルアップ・・)

FC2ブログに記事を転載していきますと

もう、見事に来訪者3人とか・・・・

そんななか、サンスイのCDPがオークションにでていたのでしょうね。

Q&Aの中のCDPと同じ機種だったのでしょうか?

メインブログにも、こちらにも検索がきていました。

中をみたかったのか?メンテナンスの様子をみたかったのか?

だとしたら、質問だったので、ご期待に添えなかったと思います。

ちょうど、FC2でもQ&Aの記事を転載していたのですが

いろいろ思いますね。

多くあったのはラックスマンL-360の回路図をわけてくれ。

と、いうものでした。

代表でひとつあげていますがそのいくつかのなかに

好感のもてるやりとりがありました。

まず、必死になるあまり、要件だけですます。

次に代金を支払います。

と、いう言葉が多いのですが

好感をもてた問い合わせは

まず、営業している以上飯の種でもある回路図をわけてほしいと

そういう問い合わせをすること自体大変失礼であると思います。

と、良識を前にだしてきたうえで要件にはいってきます。

実際高橋もラックスマンに回路図を(一時販売していた)問い合わせたのですが

もう販売しないということで

基盤を追って自分で回路図をおこしたわけです。

この手間が面倒なので回路図を入手しようとしたのだと思います。

そのあたりを話しますと、

ー自分も年齢的に回路図を起こすのが億劫になっていた。

頑張って回路図を起こします。ー

と、いう返事が返ってきて代理もなにかうれしくなりました。

高橋は妙なもので自分でやっていこうとする人にはかなり丁寧に教えていきます。

先日も外国からメールで問い合わせがあり

なにかアドヴァイスをしていました。

わざわざ、英語で説明するわけですから、グーグルだったかの

翻訳機能をつかってみたり、参照例文をさがしてなおしたりと手間をかけていました。

ちょっと不思議な気がするところです。

実際、OHの重要性を説いているところ大なのですよね。

自分で修理するのは結構ですがOHをきちんとやっていないと

良い音(基本性能)がひきだされてこず

いいかえれば、-鳴ればよいーという考えであるでしょう。

この矛盾といっていいかな。

 

修理のみはお断りしているのですが

修理しかしない(OHしない)音のことは気にならないという場合でも

修理のアドヴァイスをすることはあるのです。

 

それは、結局スキルをあげてほしいという思いなのでしょう。

先日、某ブログで音質改善や改造はしません。

メーカーが作ったものはそれなりに考えてつくられているので

うっかりさわるととんでもないことになります。

と、いうようなことをかかれていました。

確かにその通りだと思います。

ところが、うっかりさわるwwwということをやるからこそ

一本のコンデンサの特性で音がこうかわるとかわかって

そのコンデンサをいかすための別の補強やら

機種によっては、このコンデンサがつかえるとかいうのがあります。

いつだったかも、手持ちのクレルのオリジナルトランジスターだったかをつかうということがあったのですが

これは、過去、オリジナルでなくていから新しい別のものに変えてくれと言われ

手元に残したままにしていました。

これをサィテーションに使うと断然音質が良くなりました。

さすが定評のある某メーカーのもの。

こういうことがあるので、メーカーがチョイスしたものが本当に的確かどうかはわからないものなのです。

逆にうっかり変えて、こここそが大事だったのだときがつけば、

ほかの機器にも流用できるかどうかを試してみるということもするわけです。

 

オペアンプ一つでもいくつもの種類を実装してききくらべ

オペアンプにありがちな高音キンキンを補正するためにも

電源補強をおこなったりします。

オペアンプだけを付け替えてもオペアンプの特性やら性能を発揮できないので

補強することで、特性・性能を安定させるということができるわけです。

 

電気・回路などというものは、代理にさっぱりちんぷんかんぷんですが

高橋は個人相手でなく、企業相手にプログラムやら回路やらと組んできていますから

ーまあ、こんなものかーという妥協が許されないわけです。

オペアンプでいえば、性能・特性がひきだされず、一応よさげになった。

は、許されないわけです。

オペアンプ一個の特性・性能をきちんと引き出す。

を、しなければ企業には通じないわけです。

 

こういう畑で育っているからこそ、AUDIOにおいて

うっかり触るということまでも、自分のスキルにしてしまえるわけです。

 

ラックスマン L-360 の方のように自分でやってみます。

と、いう考え方が好きなのは

こういう高橋を見ているせいだとおもいます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。