記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(勿体ない)

遅いほうが得ということを思っていた。

 

現状、オークションを見ていると、一つのことを思う。

むろん、個人で機器を手放す人に対してだが・・・。

ーこの人たちはOHや音質改善でどれほど音がよくなるか知らないのだろうなー

と。

いや、むしろ、OHや音質改善ができるということを知らないのだというべきか・・・。

 

こういうことを書くと、ある電話を思い出す。

ーお宅、CDPの修理するんだ?-から始まるので、

当然、修理だけの場合はお断りします。と、説明をする。

ーTEACの高級機をもっていたんだが、治せるかね?-

ん?

持っていた?

見てみないとわからないところはあります。LSIなどこわれていると機種によっては手に入りません。

と、答えると

ーもうどこも治すところがないと思って捨てたー

ん?

うむむ?

捨てた機械が治せないとなればあきらめがつくということなのだろう。

ところが、治せるようであると判ると

ー判っていたらなおしてもらったのに、捨ててしまったー

う~~~む。

ようは、残念感情を吐き出したいだけなのだろう。

ー捨てるんじゃなかったー

・・・・・・

もはや、なくしたものはどうにもならない。

気の毒というか・・・

性格やら金持ち度合もあるから、一概にいえないけど、捨てることができるのなら

それほどに高級機ではなかろうと思いつつ、黙っていたが

オークションもこんな心理に近いのではないのだろうか?

見てもらえるところはないし

捨てるにはさすがにもったいない。

 

そこで、最初の一言に戻る。

ー遅いほうが得ーということ。

現状、高橋はWADIA850の部品待ちである。

別のマイ・機器の部品がそろったので手直しを始めたのだが

どうやら、入手した先の事情が

捨てるにはもったいない・・というパターンといっていいか。

ジャンクで出すよりも動作品でだそうということで

知識がある方なのだろう、中を触って音がでるようにはしてあったが

テスター片手の高橋には、バランスの崩れが数値でみえてしまう。

 

以前、オークションで入手したアンプは

まず、聞いてみただけで左右の音が違うとわかり

OHを兼ねて中をみてみれば左右のでっかいコンデンサ?は違うものをついていた。

売主はアンプをさわれる人らしいので、動作品で出したほうがよいと自分で変えたのか?

それとも、もともと変わっていたのでなにか気に入らないと売りに出したのか判らないけれど、

前者なら確信犯だしwww

後者ならオークションの説明の「素晴らしい音」はお題目か

たいして良い耳をしていないか・・・・のどちらかになる。

もともと、治す気で購入したものであり、

基本的には手放すということ自体がなにかしらの難があると考えている。

語弊がある。もっと良いものを手に入れたのでそれと比べるとー難ーになってしまったという場合もある。

 

そういうふうに、なにかしらそのー難ーの原因がある場合が今回もそうで

知識のある人がセオリーを無視して「音が出る」ようにしているものは

もっと根本的な不具合があると考えられる。

それを調査中の高橋なのである。

 

そして、この調査によって、高橋のスキルがあがる。

知識のある人が根本的な不具合を直さず、対処法で音が出るようにしかできなかった。

とは、考えにくい。

むしろ、根本的な不具合を直そうとして、どうにもできず、音をだすように変えた。のだろう。

 

これを根本から治せれば、この機器に起こりうる不具合への対処法が確立する。

 

そう。

だからー遅いほうが得ー

 

高橋のスキルがあがってくれば、以前は治しきれなかったものが治せるようになる。

たとえば、以前は後記型でないとLTD化ができないといっていたWADIA6においても

今では前期型もLTD化ができているし

かつ、また音質改善の方法をひとつ試行中である。

 

こうなると、やはり遅いほうが得な部分はおおいにある。

だのに、

捨てちまうはできないなれど、

もっと良くなることを知らずがごとくオークションにて手放してしまうのをみていると

もったいないと思ってしまう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。