記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷の神話はあてになったり、あてにならなかったり・・

相変わらず、臨時募集に迷っているのですが・・・。

音質改善以上~ということで、

WADIA6・9・21・850を考えているのですが

LTD化でなく、

音質改善の段階でWADIA6LTDの深みをだす機構の移植が可能かどうかの確認もとれていません。

(むろん、機構の移植ができるかどうかも、まだ、できていませんが)

この移植がどのWADIAのどの機器にも効果をうみだすかどうかも、判らないのですが

WADIA21・WADIA850あたりは、倍音がいまひとつ、表現できていないので

移植できるとなれば、

かつ、音質改善の段階で可能となれば、

そりゃあ、どうせ、(どうせは失礼ですが・・・)

音質改善までするのなら

移植が可能かどうかわかってからのほうがいいよね?

って、ことにきがつきました。

 

と、いうことは・・・。

WADIA系統は移植の必要のないWADIA6・・・ということですね。

あと、やりなれているというと

YAMAHA CDX10000

ESOTERIC P-2s・D-3

TEAC VRDS シリーズ

SONY CDP-R3

あたりですね。

特に、D-3は緊急報告にあげたようにD/Aコンバーターの劣化が顕著になってきている機器でもあり

この機器において、OSコンの神話も崩れ去っていますから

OHは必須です。

そして、多くの方がP-2Sとセットで使っているようですので

両方同時にOHが必要でしょう。

 

受け付け再開が本年度は無理ですが、

かといって、WADIA21のLTD化・「改」化(アルミVRDS円盤載せ替え)が可能かどうかの試作もひかえていますので

来年、そんなに早くは再開はできないと思います。

「改」化ができるとなるよりも、無理だと確定するほうが、時間がかかります。

可能性を一つずつ、確認して、トレーやらピックアップごとのせかえて、

トレーとトレー出口の調整などだけでも、細かな作業が必要で、

そこまで、やってみてから、基盤の信号確認などおこない

場合によっては、あらたな追加基盤をくんだり

いろいろな、手間をかけたうえで、どうしてもできないと結論するわけですから

簡単にいうと・・・

開発にこぎつけないと結論するために時間と手間がかかっただけで

一銭にもならないわけです。

こういう、場合によっては、徒労におわるような作業を地道にやっているということが

あまり伝わっていないと思います。

それは、ただただ、スキルになっていくもので

金をだして買えるものでないということ、

ただ、ただ、実地・試作・試行のくりかえしでのみ得られるものです。

どうも、一段、上を臨む人なので

この「繰り返し」は一生ついて回る物だと思います。

 

そして、1970年~1980年代につくられた機器は

当然OHだけでも性能がよくなりますが、

元からのつくりが丁寧ですので

音質改善までほどこせば、格段によくなります。

 

あと、音質改善に対する巷の噂があります。

おおくは、OHを行わず、オペアンプの電源補強などもおこなわず

オペアンプだけつけたり

クロックだけつけて

音がきんきんになったり、

コンデンサ(OH)のチョイス・配置も的確でなく

音がよくない方向にかわってしまったものを音質改善だと称しているものを

聴いているのが大部分で

結局、音質改善で音が変わるからやりたくないという変な伝説ができあがっています。

音が変わるのは当然ですが

改善でなく、改悪になっているのです。

良いほうに音がかわってこそ「改善」なのです。

元からの個性をそのままに、解析力・表現力をあげていく。

それは、作られた音でなく

できうる限り、自然な音にしようとしているものにとっては、

当たり前のことですが、

巷では、儲けのためにだけうごき、

音の良さを追従しない方針の施工者も多くいるのは事実です。

どうか、「妙な伝説」を信じないようにお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。