記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想になってしまった。

WADIA6のピックアップj交換という検索ロゴを逆引きしますと
なんとも、なつかしいwww
オークションが目についてきます。

http://aucview.aucfan.com/yahoo/h183981902/

☆WADIA6 ピックアップ交換 VRDS交換改造他☆というタイトルで出品されたWADIA6は
当方でアルミVRDS円盤・OH・音質改善・改造をほどこした
WADIA6改にあたるものです。

元の持ち主から、事情があって手放すということで、
価値が判っている山手サービス(憧れのAudio )さんで、
買い取っていただけないか?という問い合わせがありました。

ところが、当方では、その時には、既に
WADIA6(改)LTDの開発に成功しており
LTDに変更するのは当然ですが、2台もいらないわけです。

もしも、LTDの開発がまだであったら
ぜひとも、買い取りたい機器ではあったのです。
と、いうのも、
この機器は買いあたりがよかったのか、
かなり、良い音がしていたので、それだけでも十分に魅力があったのです。

けれど・・・。
価値が判っているだけに元のオーナー様にすれば
本体価格プラスOH・音質改善・改(アルミVRDS円盤)の合計金額に
近い金額を希望されることでもあろうし
こちらでは、予備?として購入しておくにも
希望される金額にみあう代金で引き取るということは不可能と考えました。

そういうわけで、もうしわけなかったのですが、
お断りいたしましたところ
オークションにかけられたということになったようです。

すると、当然のごとく、LTD化を狙う方がwww
問い合わせてきました。

実際の価値はどのくらいであるか?
と、いうことです。

WADIA6の後期型プラスOHプラス音質改善プラス改化されたものが、
どのくらいの価値であるか?

当方がお答するとしたら・・・。
オークションで個人が手放すということを考えたとき
実際の価値よりいくらか値段が下がるわけです。
それでも、この機器の価値が判っているものが他にいたら、
競り合いになる可能性も考えにいれたら
「35万」はみてください。
と、お答えするでしょう。

当方で買い取る場合は機器本体だけで考えると
どこの業者でもそうですが、およその市場価格の1/3~1/5
故障したときに代替え部品さえないものなどになると
もっと、悲惨ですし
場合によっては断るでしょう。
(買い取り業者じゃないのでwww)

こうなると、オークションにだしたほうが良いわけです。

当方のブログでオークション形式で入札してもらうという案もだしたのですが
オークションで捌くことにきめたようです。

そして、オークションがはじまりますと、
価値を判ってらっしゃる方が競り合いをはじめたわけですが・・・。

判ってらっしゃるはずの方が予算をかなり安くみつもっていらっしゃったようで・・・。
本体価格プラスOH代金くらいの予算だったらしく・・
この機器はプラスピックアップ交換もおこなっていますので
そのぶんやら、音質改善ぶんやら改化の値段を考慮していなかったようです。

あらたにWADIA6を購入してOHに音質改善・改までもっていくことを考えても
普通のWADIA6に色をつけたくらいの値段ではおちないでしょう。

おそらく、そこらのwwwメンテナンスしています。
OHしています。ピックアップ交換しています。などと謳われるオークション製品と
同じような感覚であったのでしょう。

その質の違いが判っている方と
予算不足の方のふたりでの競り合いになり
予算オーバーであきらめたところをもう一人の方が
落札されたわけです。
おそらく、しっかり予算をもってらしたら
35万以上・・近くの値段で落札になったのではないかと思われます。

そして、この改が今はLTDに変身しております。
当時も
捨てる神がいれば、拾う神もいるものだと感慨をのべましたが
まさしく、もうひとかわも、ふたかわもむけたLTDに変更したいという
LTDへの情熱が勝ったということでしょう。

元の持ち主が当方のブログでのオークションを迷ったのは
ひとつに
すでに、LTDをもちはじめたオーナーがでてきはじめていて
一歩手前の改では、どうだろうか?という思いがあったのかもしれません。

されど・・・。
のちにオークション、予算不足の方にwww
あれは、元から良い音がしていましたよ。
買う価値大でしたよと話しますと
「先にきいていれば・・」と、残念がっておりました。
当方でもオークション形式で出すことができれば
このあたりもプッシュできたのですが、
買い取りを断ったことで気を悪くされたのか、
細かな情報を尋ね合わせることもなく
「元から良い音」の一言が加味されていなかったことは残念です。

あと、のちにわかったことですが
アンプによっては、「改」でもハウリング?のような状態になるということが判り
「改」からバッファーへの対処を行うようになりました。

もしかすると、元の持ち主さんのアンプにも、
わずかな異音が出ていたのかもしれません。
それが、手放す要因になったのかもしれません。
アンプが悪いというのでなく設定電圧などがアンプによって
違うため起きる症状で、当方のアンプでは起きなかったため気が付けなかった症状でした。

あと、このことで気を付けていただきたいのは
当方のものをというのでなく
新しくCDPを投入されるときには、
アンプのボリュームを上げたままつないでいきなり音だしを行わないことです。
細かな相性があり電流値がちがうためアンプに過大電流が流れ込んだりすることもあり得るわけです。
何十年もまえにステレオシステムを手に入れたときにも
電気屋さんにくどいほど念をおされたものです。
きちんとシステムがあっていても、
しょっぱなに入り込む電流値というのはかなり大きいので
アンプのボリュームは0スタートで徐々に音を上げてください。
と。

こういうこともあって、アンプの受け入れ電流については
容量の大きいものが良いということなのでしょうね。
実際に聴くボリュームなど5Wとか・・なので
たいして、容量がなくても良いという考え方なのでしょうが、
キャパが低いということになり、音がいまいち伸びがなかったりします。
もちろん、HZの聞こえない部分においてもです。

懐古趣味の話が思わぬ方向に長くなりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。