記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エソテリック D3への思い

検索ロゴをみますと、エソテリック D3というのが,目について、

同じロゴで検索をかけてみましたところ
D3を直します・・などの修理屋さんの記事が1ページ目にあがっていて
ちょっと、きになって記事を読んでみました。


OHはたいていがどこでも、全半田まし、全コンデンサ(グレードアップのもの・音響用のもの・適材適所)など、おこなっていないのですが、
それで、良いというオーナー様であるのなら、致し方がないことなので
そこは、スルーしまして、


一番きになっていた、OSコンとD/Aコンバータ部分についての確認がおこなわれているか
みてみましたが、書いてありません。


現状、D3を手放そうと考える方の一部には、上の2か所による不具合までいかない劣化により
音に違和感をかんじてということもありえるかと思います。


その違和感の特定ができない状態で、部分半田ましや一部コンデンサ交換などをおこなっても、
いずれに劣化が不具合を引き起こす元になりえるかもしれません。

このことがあり、あえて、情報を流していたのですが
D/Aコンバーター・OSコンの確認を行いましたという記事が見当たりません。


オーナーさま自体も飛び込みで修理依頼をされるのか、
D3の危機を認識しないままで、確認依頼もされていないのでしょうか?


そんな状態で、メンテナンスしましたというふうに、謳っているのが
オークションなのですが・・・。


うっかりすると、D/Aコンバーター・OSコンの確認が行われず、
やはり、違和感があるということで、
これは、早いうちに鳴っているうちに手放したほうが良い、と
オークションにだせば、当然、一部半田ましなどであっても
メンテナンスしてます。と、書くわけでしょう。


このあたりの事を、判っていて
D/Aコンバーターやら、OSコンの確認とともにきちんとしたOHのうえ
できれば、音質改善を行う(すこし、ぼやけた感じの音がくっきりして、レンジがひろがります。
どちらかというと、甘い(柔らかなふくよかさ)良い音を出す傾向のあるD3なので、このあたりが、きっちり引き締まったうえで甘やかさが心地よくなります)などの考えでD3を手にいれる覚悟をもってくださらないと

最終的には、D/Aコンバータがだめになった場合他部分も壊して、かつ、再起不能の事態を引き起こします。

D/Aコンバーターはまだ手に入るものなので、
メンテナンス済というD3であっても、一刻も早く、確認をおこなってほしいものです。


一つ前の記事に個人での確認方法の一つをかいていおります。
が、それでも、確認したところ、大丈夫だったのに突如壊れるという状態がありましたので
多少・・バグ持ちというか、経年使用による耐久限度が徐々にでなく
突如現れるということもあり得ます。
へたった、D/Aコンバーター・OSコンが
へたった、コンデンサとへたった半田で均衡を保っているという
劣化品の支えあいでかろうじて鳴っている場合がありえます。


つまり、A級製品のはずが、実質はB級・C級になっていて、
それをありがたがってきいているという
耳への逆エージング魔法にはめられている場合がありえます。


当方で治せということでなく
D3を絶滅危惧種にしたくないと思いますので
どうぞ、他所で修理依頼をするにしても
D/AコンバータとOSコンの確認を依頼してください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。