記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUSIONとアットネータとそのほかもろもろの話

FUSIONの音をききながら、改めて思い出している。

やはり、プリアンプに設置したアットネータが効いていると思う。

わずかながら、代理が芯から惚れ込んだ音ではないとおもう。

あのFUSIONの音ではないと思う。

現物がないから、比べようがないが

もっと、ぞくっとするような「色気」をかもしだしていた。

で、あるのに、今回来院したFUSIONの音が良いと思ってしまうのは

そのいなくなったFUSIONの音を髣髴させられて

いいとこどりならぬ、

思いでという記憶ほど美しいものはないという定法にからめ捕られているせいだろうか?

と、ついつい、自分を疑ってみたけど・・

ああ、そうだ・・・

アットネータ変えてるし、確か、以前この機器を聴いたのはラックスマンLー580だったのではなかろうか。

このふたつの操作が

いなくなったFUSIONに近い音・・似ている音 を出しているのではないか?

と、言うことで二つのことを高橋にたしかめた。

まず、アットネータの威力がどれくらいのものか・・・

それを調べるにはここしばらく常用している6LTDでなく

まだ、アットネータを通してきいてないCDP・・

ところが・・・

YBAとビマックは試聴会に参加中でおおいなる活躍をしていることであるとおもうが、

それは、当然、こちらにない。

「すまないけど、プロシード&オデオンライトでかけてみてくれまいか?」

と、高橋にたのみこんでかけてもらうことにした。

そう、WADIA850LTDのこともあって、基準機ということもあり、WADIA同士ということもあり

WADIA6LTDしか稼働していなかった。

プロシードは情報量もおおく、色づけのない音で、モニター機としては、

相手を選ばず比べ聴くことができるのだが、ここしばらく使っていなかった。

それを聴けばアットネータの威力がどの程度か判断できる。

結論としていう。

ものすごくよくなってる。

それも、じつは・・・代理 腹の中で思っていた。

「この癖のない素直な表現・・・WADIA850LTDより良いのではないか?」

すると、しばらくすると

高橋が・・代理は一瞬、自分が高橋になったかと思った。

「WADIA850LTDより、良い・・きがする」

以心伝心というより、異口同音の時間差攻撃!!

と、まあ、実際に並べて聴いてるわけでもないし

音の系統が違うのでならび比べるものでもないと思うが

その原因としていえるのは

「プロシードは24ビットだからなあ」

と、いうことであるそうだが、

先日もビット数だけでは争えないということを書いていることもあり

打診してみる。

「と、いうことは、プロシードの設計者はかなり、できるということになるね?」

それに対して、

「オデオンライト(DAC)の力もあるよ。プロシードもオデオンライトもあまり知られていないけど

本国では人気が高い、むしろ標準機として普及している」

へ~~~。などと感心している場合ではない。

そういえば、この機器のピックアップもCDM-0だったか、

CDMシリーズも音に定評がある。きっちりとした音をだしてくるので

これで、情報量(24ビット)と回路設計がよければよい音がでて当たり前かもしれない。

それが、アットネータにより、さらに表現も解析も上がっている。

「普通の抵抗じゃひろいきれないのを拾うことができるのがアットネータだからね」

なるほど・・それで、なおさらかあ・・・・。

(プラス、当然ながらプロシードもオデオンライトも高橋が整備しておりますので

通常のものとは断然音がよくなっています)

 

まず、これで、「まず、アットネータの威力がどれくらいのものか・・・」が判り

FUSIONの音をさらに良くしているのが判った。

それで、良い音になっていなくなったFUSIONをほうふつさせてしまうのも納得できるが

それでは、

ふたつめ。

「わずかながら、代理が芯から惚れ込んだ音ではないとおもう。」というように

来院したFUSIONといなくなったFUSIONが違うものだろうか?

やはり、美化してしまってるのだろうか?

そこで、忘れっぽい高橋の記憶をひきだすためにいろいろ質問をしてみると・・・

「あれは、水没した機器だった。(え?・・)

それで、基盤からなにもかもなおし、コンデンサは無論、音質改善もとことんまでやった。

これ以上できないというところまで手をくわえていた」

と、いうことは・・・・

いわゆるLTD(リミテッド・限界)だったわけだ・・・・

 

これで、謎が解けた。

 

かなりグレードアップした音だったし、真空管もムラードにかえていたという・・・。

なるほど~~。

片一方はOHまでだったものに周りのシステムがよくなってるのでFUSIONの音もかなり良くなっていたわけだけど

以前のものは、FUSION自体がかなりのものになっていた。

その音源が良くなっているものの持つ、底力に惚れ込んだということか・・・。

 

だから、来院したFUSIONの音に、いなくなったFUSIONを髣髴させられながら

やはり、いなくなったFUSION本人じゃないという違いも感じ取ってしまう。

そうそう、

たとえて言えば、そっくりの一卵性双生児の恋人が相手を間違えない嗅覚をもつのと似ているかもしれないwww

 

しかし、ネットワークにしろ、アットネータにしろものすごい威力をもつとおもうが

先日もかいた

「音の入口が重要。いくらアンプをよくしても、音源がよくないとアンプの音にひきずられる」

このうまくない代理の説明が高橋からさらりとでてきていた。

「アットネータをかえても、CDPが良くなけりゃだめだよ。

だめな音をなおさら的確にだめだと表現するだけだ。

CDPも極めなきゃ 極めた音はうまれてこない」

まさに、トータルバランスの世界といってよい。

以前にも

CDPを直された方はその音質の極まっているのをしってしまうと

アンプも高橋に治してほしいと思われるだろう。

システムにトータルバランスがあるように

OH・音質改善にも同じ技術者によるトータルバランスを望むことだろう。

と、いうことを書き、

アンプメンテナンスからの撤収を詫びるとともに

最低限、

アンプのOHは

全はんだまし、全コンデンサ交換をしてくれるところを選択してほしいとお願いした。

並びに、メーカーのOHは全コンデンサ交換・全半田ましをおこなっていないので、

しかるべき、ところに依頼してほしいということも

併せてお願いしたと思います。

 

・・・

またも、話がぞれてしまいました。

終わります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。