記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(被エージング/エージング耳)

(復元作業)で高橋の近況報告をちょこっとさしはさんでからと思い、書き始めたら

なんやこや、「連想ごたく」がでてしまい、(復元作業)で書こうとおもっていたことを断念したので

改めて・・・。

メンテナンス終了後、特におねがいしているのが、引き続きエージングをかねて実奏してください。ということです。

発送後やお振込みを頂いたときに以下の文章を添付しております。

(今年あたりから、必ず添付していますので、見覚えのある方がいらっしゃると思います)

***半田増しに電解コンデンサーに補強コンデンサーにオペアンプ・クロック。(ここは施工内容でかわります)

これらどれをとっても、全てエージングが必要です。

生まれ変わった子供たちに電気信号を教え直す作業がエージングですので

本当に成人?するのには、1ヶ月ちかくかかると思います。

こちらの三日間のエージングでだいぶこなれるのですが、

いったん、通電をとめてしまうと温度がさがり電解質が固着するのでしょうか、

元に近い状態に戻ってしまいます。

ただ、3日間のエージングがあるので、成長した点まで短時間でたどり着きます。

この後、戻らないところまで、成長するのに、1週間くらいは掛かると思います。

それをすぎたら、各部分のエージングがトータルに噛み合うようになってきて

ゆるやかに熟成してきます。****

今回はエージングのことで思うところが有るのでかいてみます。

高橋もブログで

「電解コンデンサなど徐々に劣化していくので耳も徐々にエージングされて

電解コンデンサの劣化に気が付かず、これが本来の音だと思い込んでしまう」

と、いうようなことをかいていますが

今回代理が書く事は

音楽機器自体のエージングでなく、人間さまの耳のエージングのほうです。

人間の耳は「良いとこ取り」ができるのです。

簡単に言うと、群衆の雑音の中で親しい人の声を聞き分けられる。

ですから、オレオレ詐欺とか本来なら聞き分けが出来て被害にあうはずがないのです。

ところが、被害にあう。

かわいい子供や孫?のピンチときくとそれだけでパニックになって、

冷静な判断ができなくなるからでしょう。

これが、実はAudioでも起きているのです。

冷静な判断が出来ない。イコール「何とかしてやらなければいけないと思いこむ」ということでしょう。

Audioの世界でも「思い込み」が出来てしまうのです。

この「思い込み」を作るのがエージング(人間耳)なのです。

以前、ラックスマンのアンプを(かなり改善されているもので、もちろん高橋ヴァージョンです)使用していて

これをまた別の物にかえたわけですが、替えて暫くは、どうしてもラックスマンのあの繊細さと比べてしまうのです。

あげく、新しく設置したアンプ(もちろん、これも高橋ヴァージョンです)は無骨で暴力的だとかんじるわけです。

だいぶしてから、ラックスマン耳が新アンプにエージングされはじめ、ひょんなことで、

ラックスマンをもう一度きいてみたら、低音の響きが薄いし、情報量も少ないのです。(新アンプと比べてです。当社比ならぬ当アンプ比です)

つまり、ラックスマンの良いところに耳がエージングされてしまって

逆に新アンプの情報量の多さ、レンジも広さを聞き取れないのです。

この呪縛のようなラックスマンエージング(思い込みとも・・)がとれて、

改めて2台を聞き比べてみると、正直、ラックスマンに物足りなさを感じたわけです。

長い事きいていたので、ラックマンの良い処だけ覚えていたわけです。

これが、もし ラックスマンしかなかったら、ずっと、この音が最高?でと

強固なラックスマン耳になってしまった事と思います。

とは、いうものの、おそらく、あそこまで繊細で華麗な表現をこなすのは

ラックスマン以外ないのではとおもっています。

頑固なエージング耳(思い込み)を作らないためには、カラーの違う機器を持つのが良いのだろうと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。