記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番はなんだった?

今まで、聴いたことのある機器・SPで

一番良いのはなんだった?

と、高橋にたずねると

アンプはジェフローランド(これも、高橋が整備しているのですが、ブログにアップしていませんね。たいして、触るところがなかったのか?)

これが一番で

ほら、あのでっかい奴と教えてくれるのですが

代理の記憶には、うちのSPでは鳴らしきれないねという記憶しかないのです。

それが、一番良かったというのは、解せないわけです。

鳴らしきれない音、パワーを持っているということは理解できても、

たとえば、クレルのパワーアンプもちょっと暴力的に(荒削り?)感じるくらいドライブしていた記憶がありますが

こちらが、一番ではなく、

代理、お気に入りのスレッショルドステーシスも一番ではない。

では、なぜ、鳴らしきれなかったジェフローランドが一番良いというのかわからないわけです。

それで、SPについては、やはり800Lのアルテックが良いというのと同時に

ジェフローランドをそれできいていると判ったのです。

SPの良さで聴けるということもいえるのですが、

当然のことながら、ほかのアンプでもきいているので、

当方に持ち込まれたものがあったりしたので

聴き比べができ、そのアンプを基準機にしてジェフローランドの音を判断できるので

これは、まあ、間違いないな。と、思うわけですが

システムはトータルバランスだとよくいうのですが、

ジェフローランドをドライブできないSPって、なんなのよと思うわけです。

そのあたりから、

やはり、SPの容積が足りないと巻き込みがおきると如実に感じて

現状のSPの1,5倍くらいの容積に変更しようとSP設計図はかいているのです。

そして、それに伴い、変更しても良いようにネットワークをもっと良くしようと部品を集めていました。

それが、やっとwwwそろったようで

コイルのまき直しやら・・部分名が判らないのですがさび落としと磨きをかけ、さび止めを塗布して

クリアをふきかけて・・

お~~~きれいという状態になっています。

これを仕上げるに、なかなか、時間がとれず

あれして、これして・・というあいまを縫って、さわっているわけですが・・・

まず、現SPに装着したら

ジェフローランドをドライブできるほどに、低域の性能があがるかなあと期待しているのです。

 

よくJBLの音が良いということをきくのですが

じっさい、一度てにいれたJBLは

長年、代理が聴き続け、スピーカーの幕が非常に柔軟にうごくようになったせいもあるとおもうけど

安物のオーレックスの低音に勝てないという残念な結果になり

手放した経緯があり、JBLについてはあまり評価がよくないのですがwww

アルテックをききはじめると、

その音の良さ、すんなり音をだしてくる発揮力に魅せられてしまったのです。

が・・・

どうやら、アルテックというのは、ネットワークをきちんとしないと冴えない音になるそうで

このあたりが、JBLに負ける?原因かもしれないなどと思っていたら

アルテックはJBLから袂をわかったってきてるだったかな?

音作りの考えが違うらしく

JBLはパワーをかけてやらないとまともな音がでない傾向があり

アルテックはすんなりと音をだしていく傾向があり

音も明るめで、当方のはスタジオモニターであるせいもあるのか

色づけしない音がでてきます。

JBLのあれこれ、システムをなんとかしないとまともな音がでないというSP能力には疑問をかんじますが

アルテックもそう思ったのでしょうか?

システムをなんとかしないといけないということで思い出すのは

以前にも書いた小さなSPです。デュアルなんとかという、紙のスピーカーを採用していないものですが

これは、SPを置く位置があるらしく、壁から何cm?高さがどうの、後ろは何cmはなしてと、

微細なセッティングが必要らしく、

そのセッティングが当方ではできていないから、良い音にならないと

セットしにいきましょうかと言い出すので

ここで、けちょんけちょんに・・・あるいは事実を伝えました。

作られた音で低域も低音もでていなければ、唸りも響きも空気振動もない。

セッティングの問題でなく、元からの性能が良くなく

迫力があるように聞こえる音(低域を中音にかえるため、はっきりくっきりして迫力があるように聞こえる)の良いとこどりだけをしている。

と、いうことを伝えたわけです。

つまり、まともな音がでないものほど、位置の微調整などが必要になるのではないか?

と、いうことで、

JBLもパワーをかけてやらなきゃならないとか、

アルテックもネットワークをよくしなけりゃならないとか

こう、一筋縄では、性能をひきだせないということがあるようで

システム重視というか、

ネットワークを作るよりも

パワーのあるアンプにかえるほうが一般の人には手軽であるし

アルテックのネットワークをよくしなきゃ・・と、いうようなことまで実践する人が少ないため

アルテックの本領を知らない人が多く

JBLのほうが人気が高いところがあるのでしょうね。

 

で、SPは800ℓのアルテックサウンド

アンプはジェフローランド

CDPは?

と、いいますと・・・

やはり、手前味噌すぎるかもしれませんが

WADIA6LTDをこすものには、出会っていません。

無論、系統が違うということやら

いわゆるビンテージ商品やら

中古なるもの、だけでの聴き比べになっていて

その母体になっている当初のCDPやら、各社の回路設計やらソフト開発にあたるところで

廉価版にして、この程度の音作りしかできないというものやら、

世間の定評に踊らされているものやら

デュアルSPや小さなSPにみられる高鳴り気味の作られた低域を迫力があるという風に刷り込まれている方にとって

その性能がマッチしてしまうCDPやらアンプは

アルテックで聞き比べると、残念な音でしかない時があり

新製品といえど、なおさら、その傾向が受け継がれているきがします。

このため、古い機器を探し回る人がふえているというきがします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。