記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークションの価格設定

検索にひっきりなしに入ってくるのがWADIAというロゴ(を含んだものも・・)なのですが・・・。

オークションをみるたびに、

昨今の異常な値段設定がひとつには、

WADIAなんとかという検索をうみだしているのか?

と、思うほど

(他の機器でも)オークションと連動して検索されています。

一時期はWADIA?価格とか

価格などは、こちらに来てもわかりません。

代理の場合はオークファンなどをみて、およその相場をみます。

あとは、ヘリタグさん(と、読んでいますが・・?です)の機器解説をよんで、

発売年数と発売価格をみて

そのあとに、ショップでの販売価格を参考にします。

ショップでの価格の2割~3割落ちというのが、代理の観念です。

ショップの場合は消費税もかかりますし、

オークションはショップではなく、あくまでもオークションなわけですから、

オークションでショップの値段でうろうというのは、

ショップのネット店舗のような位置になってしまい

なに、それ?

自分の店やらネットショップで売れないものを

オークションにだそうというのでしょ?

それで、その値段?

と、な~~~んか、おかしいよと思ってしまうわけです。

 

そして、毎度書きますが

どこそこでメンテナンスしていますと

そこでのメンテナンス代金を付加価値としてふくませているわけですが・・・

そのメンテナンスがしてあっても、

当方で落札したとしたら

どれもこれも、OHが必要な、その程度のメンテナンスしかしてないわけです。

1990年代の製品

かれこれ20年以上たっていて、

コンデンサの経年劣化・半田の劣化は当然なわけです。

常識的に考えれば

OH必須の劣化商品を売ろうというのですから

お客様が決めた値段にしたがうのが本来だとおもうわけです。

そこを最初から売り手が無茶な値段を設定する。

おまけをいえば、オペアンプとかも型の古いものがのっている可能性が多く

そのままでは、性能的にも劣っていて

音質改善も必須とはいいませんが、必要性がおおきいわけです。

わるくいえば・・・

ぼろぼろの状態のものを売ろうというわけです。

で、あるのに、

そこを知っているのか知らないのか

冗談でしょ?という値段で落札されていくのをみると、

OH必須の状態であることも

音質改善の必要性があるほどの状態であることも

考慮していない、あるいは、そのままで聴ける(聴けますが)ものだという風に思って

そのままのWADIAであっても、すごいぞ、WADIAなどと思っているのだろうか?

 

こうなると、

本当に良い音にしたいと思って購入する人の価格設定は

プラスOHプラス音質改善が頭にあるけど

そのままで良いと思っている人の価格設定はそこに全額つぎこめるわけで

そういう2種類のタイプにおける本体価格の設定にかなりの開きがあり

当方などからみると、

異常な値段とおもうような

へたをすると、仮によそにOHや音質改善をたのんだとしたら

元値とプラスしたら新品の時より高くなるような・・・

(とは、言うものの新品時より良い音になるなら、価値も上がっているのだけど)

なにか、当方では、より良い音をと思いつつやっているのだけど

結局、

このままでいいや。という人が落札するしかない値段になっていて

音を良くしたいという思いがなかったり

良くなることを知らない人のところに行ってしまうことがあるんだろうなと思うと

つくづく、

残念なところがあるわけです。

 

そこら辺の感情など知る由もない方が当方にWADIAの参考価格をしらべにくるわけですがwww

残念ながら参考になる価格などかいておりませんwwww

いかにオークションの値段設定が

OHや音質改善のことを考慮した価格を設定していないかということだけです。

(当方では)WADIA9とて、OHはむろん、音質改善をしないといけないところまでおいこまれていて

まさか、WADIA9が音質改善の必要があるかとおもうかもしれませんが

けして、そのままでは、もうひとつ良い音になっていないということを

考慮して、お客様の決める値段に任せるしかない。

そういう時代?年代に入り始めているという1990年代の製品であるということを考えて

世の中のひとに

伸び代のある機器として放出する気持ちが薄いといっていいか・・・。

仕入れた値段よりさがってはという惜しい気持ちもあるのかもしれないけど

損をしても、OHや音質改善をほどこして大事に使いたいというひとに渡すほうが

機器のためになるというきがしていけない。

 

実際L-580をお譲りしたのでも、オークファンの平均金額で譲っていて

真価(OHなどなど)を考えたら

破格なものになる。

 

良い音を認めてくだされば、実質の価格でなくてかまわなかった当方から考えれば

オークションの値段設定は

なにか、異常に見えてしまうときがあります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。