記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(情報開示って、大事なんだよね)・2

ある機器が不具合で戻ってきたのだが・・・。

こちらでは、オーナーさまが言う不具合がいっさい、おこらず、

あのて、このてで、試してみたが、不具合がでてこない。

読み取りにくいCDもよみこなす。

CDをCDRにかえてみたところ、

やっと、不具合がでてきた。

?の状態である。

CDRでは盛大にノイズがでたので、使用を中止したと報告があったので、

CDRにて、ためしてみたら、確かにノイズがでたが、

他の音楽CDでは、いっさいノイズがでない。

と、なると?

どういうことなのだろう?

読み取り能力がおちている?

代理がきになるのは、CD押さえのCDに設置するがわにいくつもの小さな傷があったこと。

通常、こんな場所に傷がはいるものだろうか?

たとえば、CDに小さな砂粒?のようなものがついていたとか、

かなり、リスニング環境がわるかったか

????

素人考えの不安でしかないがwww

CDRでも聴くというくらいだから、

そのCDRの品質・・表面品質とかも、傷がはいっていて、

CD押さえにまで、傷をつくっているとなれば、CDRの目に見えないような欠片とかが、でて

これが、悪さをしている?

原因が特定できないので、

ノイズがでるというCD(CDR?)を送ってもらえないかとお願いしたら

「普段、きいているCD」をおくってきてくださった。

 

ノイズがでるというのであれば、ノイズがでるCDをおくってもらわねば、

なおさら、原因特定がむつかしい状態になっているのに、

大丈夫なCDをおくってくれても、CDが原因か、CDPが原因か特定しずらく

当方で、試したCDRの状態から、かんがえれば

CDRで、聴いた結果ではないか?と思えてくる。

 

こういう情報の開示をお願いして

それをまったく無視した対応をされると、

こちらも、手のくだしようがない。

判断材料はこちらのCDRということになってしまう。

盛大にノイズがでるというCDをおくってきてくだされば、

たとえば、フィルムに穴があいていて

レーザー照射がダイレクトに押さえ円盤にあたったことにより、

読みとり機能に負荷がかかったとか(あくまでも、代理の素人考えです)

原因の特定ができれば、

読みとり機能が劣化していることによる。と、いう

原因になるのだが、

この原因特定への協力をいただけず、

「おそらく、読み取り機能の劣化だろう」というあいまいな答えしかできず、

原因特定ができません。と、いうしかない。

エソテリックの各部品についていえば、

D3においても、D/Aコンバーターの破損などで、オペアンプまで壊すというちょっと、問題のある部分があり

こういうあたりに早くきがついて、交換していただきたいとお願いをしているわけで、

こうなってくると、読みとり機能についても、経年による劣化が著しいのか

CDRを読み取らない(よほど、ぼろいCDRであればありえる)など、

同じピックアップのWADIA6では、おこっていない。

つまり、ピックアップが原因でなく

エソテリックの読み取り機能が、いまいち?

これが、CDRやら、経年使用により、

著しく機能がおちている?

こういう部分はD/Aコンバーターでもそうだったが、

突如、壊れたり、突如、機能が正常でなくなったりしてくる。

この状況のせいか、サービス終了になった機器に対しての、エソテリック不信がネットの中に蔓延しはじめている。

 

交換対応ができるD/Aコンバーターなどは、良いけれど、

読みとり機能って、交換できる?

できるとしても、もう1台てにいれなきゃ無理?なんてことはない?

 

つくづく、情報を開示してくださることは、大事だと思う。

実際の原因が特定できない状態で、

念の為にピックアップ交換など、対処療法でしかない。

 

仮に読み取り機能の劣化がはじまっているとしても、

その劣化の引き金やら、拍車をかけるのが、なにだったか

はっきり、わからなければ、

同じことの繰り返しになってしまい

最後には壊れるなんてこともありえる。

他のシステムとか、通常どのくらいのヴォリュームできいているとか、

ケーブルの接触不良などで、一時的に大きな電流がながれるとか、

こちらでは、判らない部分も多い。

 

変に知識がありすぎて、たとえばケーブルをよくしたが、

全体的なインピーダンスをかんがえていないとか、

きちんとコネクトしてないとか

知識だけでは、判らない部分があったりもする。

 

原因特定は消去法という形になり

ひとつずつ、可能性をつぶしていくしかないのだが、

そも最初の会話が理解されないと、

他の考えられる原因を伝えて、確認していただくくということも難しくなる。

 

情報開示は大事なんだけど

こちらが要望する開示を行ってくれない人がたま~~~に、いる。

 

まじに、治す気があるのか~~~~い?と、

代理は横でみていて、ハラハラしてしまうのである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。