記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークションの価格設定(4)

とみにWADIAでヤフーオークションをみにいっているのですがwwww

落札されたのかな?とおもっていたら

再度出品していたり、値段がおりあわなかったらしく

入札者を削除してしまって、オークション終了とか、

売り手側の希望と

買い手側の希望が折り合わないようですが、

一方で、

買い取り価格を公示しているものをみかけますと

ほんの2年ほど前の公示価格が

現在の落札金額より、ずっと高いというのがありまして、

まさかと思いつつ

今、出品している人は(と、いうか、上記に書いた値段が折り合わない人)

以前の買い取り価格を参考にして、

ショップなどが買い取りで、30万なら売るときは50万だろうとか?

ならば、

俺は同じ機器を45万で売るぞ・・・と、堅く決心されたのかもしれませんねwww

本人は安くしてると思っていても

裏事情、(サービス終了とか)により、供給側がふえていれば

相場が過去の状況での買い取り価格では通じるわけがない、

現在の買い取り価格も下がっているのが当然なわけです。

極端ですが

30万で買い取っても20万でしかうれないならば

買い取り価格をさげるしかないのですよね。

この人気をあてこんで、過去30万で購入してしまったりしてると

最低、30万はほしいとかんがえてしまうのが、

人間の性(さが)といいましょうか。

そして、この性がもろにでてきてしまってると

なおさら、売れない状況になっています。

オークションをみていると、

この機器をだいじにしてきた。

理由あっててばなすことになったが、大事にしてくださる人にゆずりたい。

なんて、台詞があり、譲ること・・大事にしてくれるという意味合いで、

機器の真価を理解してくださって欲しいと思ってくださるなら、いくらでも良いのですよ。

と、いう機器自体への思い入れを感じられる人のところのものは

逆に高値がついていますね。

そこを、最低これだけはほしいという

機器を「売り物扱い」にしているパターンは

みんな、怖いんでしょうねえ。

機器としての性能は良くても、機器本体が大事に扱われてこなかったという後ろ側がみえて

もしかすると、買ってまもなしに不具合がでるんじゃなかろうか?

調子が良いといっても

大事に毎日きいてきて、というものでなく

売るための最低限のチェックしかしてないで、調子が良いといわれても

それが、本当だろうか?

などなど

売れ売れ根性で出品するのと

大事にしてくれる人に譲りたいと出品するのでは

機器の付加価値がちがってくるんだろうねえ・・・・



こういう風に、多くの機器が出てくるようになったとき

他に無いから購入するしかないという究極の決断でなく

1台の機器の履歴(裏側)を検討できる選択肢が増える。



売ります。売りますといいつつ、

倉庫につみっぱなしで、埃をかぶっていたもの

当方に言わせれば、

「AUDIOも生き物です。毎日最低一時間はならしてください」

と、いう生き物がwww

埃をかぶり、電源もいれられず、出品時だけきれいにしてもらってる状態で

ベストコンディションかどうかのチェックもできているわけなどなかろうと思ってしまうわけです。



このあたりの、査定を重視することをできるのも、

数多く放出されてきているおかげであるのでしょう。

そして、この余波で、逆に

売れ売れ根性だけでは、売れない。

と、いう淘汰が出てきているように思えます。



また、AUIDIOというものの贅沢感というのは、

その外観にもよるとおもうのです。

いくら良い音であっても、外観がぼろぼろになっていると

リッチ・ゴージャスな雰囲気・ムードをたのしめなくなります。

当方に来た機器のおよそすべてがそれはそれはきれいなもので、

オーナーさまが大事にしている

大事にしているからこそ、メンテナンスして使う

と、いうことが主ですし

OHだけでも音質改善効果があり

なおさら、音がよくなり手放すことがほぼ無いわけです。

そう考えると、

手放すには、手放すだけの理由があり

(資金繰りなどもあるとおもいますので、機器が気に入らないというわけでないことがあります)

大事にしてほしいという思いがあるか、ないかをいいだせば

OHもせずに、外観がぼろぼろになっているものが

良い環境下におかれていたか、どうか、すぐわかるわけですから

当然、そこは、

手を入れたり、補修が必要であり

綺麗な外観の機器をもっていて、中がこわれているから

中身を交換したいとか

そういう部品どりとしての扱いになったりするわけで

ここらへんも

機器が良い音をだすというネームバリューだけでは

通じないところがでてきていて

オークション機器への評価・査定も、すこしずつ進化していってるきがします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。