記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想定義

時折、依頼されたCDPについて、

いろいろな機器を聴いていらっしゃるので、お尋ねしますが

うちの機器はどうですか?

と、いう評価を求められる時がある。

この返答はむつかしい。

 

まず、当方のCDPについていえば、

人様の機器の音を判断する以上、

音をきちんと、引き出してこようとする以上

どの機器をきいても、うちの機器よりすばらしい、などというレベルの機器では

たとえば、人様の機器をきいて、低域がでていないな、とか、

判断できる根拠がない。

 

このため、一時期は

PROCEED cddを基準機として使用しており、

変な色付けがない、情報量もあるし・・

このPROCEED cddについては

以前の記事でWADIA850LTDより、よいかもしれないという感想が代理と高橋と同時に思ったという経緯があるので、

(むろん、850LTDまだエージング不足であり、かつ、うかつにも、ききくらべていなかったので

あくまでも、感想でしかないがww)

まあ、そういう850LTDより良い(かも)というくらいの機器だったわけだけど

これが、WADIA6LTDをかけてしまうと

音楽性というのかなあ(・・・抽象的な表現・・)そこが勝ってしまう。

当方のWADIA6LTDはまた、ほかのWADIA6LTDの基準機でもあり、

これが、ほかの6LTDより劣っている?となると

基準機の役目にならないぞと、なにかしら工夫をしたのか?と、思うほど良くなっている。

エージングがすすんできているせいか?

はたまた、ネットワークやら、アットネータのせいか、アンプの性能とバランスがとれてきたのか?

原因は不明であるが、群をぬいたものになっている。

同じWADIA6LTDの聴き比べをおこなったのであるが、当方のほうのものが良くなっている。

(以前はどっこいしょ、だったきがする、へたしたら負けていたwwww)

考えられる原因は

やはり、ずっと電源を入れっぱなしの状態でかつ、良く聴いている。

もうひとつは、

ずいぶん前に、書いた

たとえば、SP にしろ、CDPにしろアンプにしろ

同じ系統の曲をきいていると機器の表現特性がかわってくるのではないか?

と、いう考え。

ジャズばっかりきいている機器と

ハードロックばかりきいている機器と

この機器の表現特性がかわるのではないか?と、いう実証・実験できない話。

あと、どれくらいの音できくかとか・・・。

ドラムのどすどすという低域の信号により電界コンデンサの熟成がちがってきたりとか

ありえるんじゃないかとおもう。

あとは、アンプへの入力という意味合いでの電界コンデンサの熟成も考えられる。

どすどす音(たとえばであり、キンキン音でもいいwww)をアンプに押し込んでいくことで

アンプのほうも、おっしゃ、この音だなと学習していく。

こういう相互作用によって、帯域がひろがっていくのかもしれない・・

(素人の発想なので、そんなことないのにということをかいてるかもしれない・・・むむむ)

そこに、同じ6LTDであっても、

コンデンサにこなれていない音域があるとすれば

たとえば、片一方は(あいうえおかきく)までの音域?しかこなして出していなかったときに

当方のものが、(あいうえお、かきくけこ、さしす)までの音域をコンデンサが学習してこなれさせていたら

音の表現に違いがでてくるかもしれない。

 

と、いうのも、ちょっと、たとえがちがうのだけど

昨日、WADIA6LTDの音が非常にわるくなっていた。

ボーカルが前にでてこないし、ドラムの弾みがちがう。

おかしい・おかしいと文句をたれまくるものの、高橋は代理の文句を黙って聞いている。

いかにおかしいか説明するうちに

いや、距離感がでてないというより、中音が弱いのかな????

と、いいだすと、すくっとたちあがって、

ネットワークをさわりだした。

「じつは、高音がきつくかんじたので、ドライバーをうんちゃらこうちゃら、あーちゃらこうちゃら・・(代理意味不明・・)」

代理の???にきがついたのか

簡単に説明してくれた。

ーようは、中音を絞ったのだー

と。

そして、周波数特性?の話になり

テノールは何ヘルツあたり、バスは何ヘルツになり

ーー??????---

ようは、周波数がかわったため、ボーカルが前にでてこなくなった

と、いうことらしい・・・。

それで、なにか、目的があったのだろうけど、

小うるさい代理を黙らせるために、元の状態にもどしてくれたわけだけど・・・

 

電界コンデンサのこなれというのも、

たとえば、こんなふうに、ベストの位置をおぼえて、いくんじゃなかろうか?

 

だから、どんな曲(ヘルツ)をよくきくかとか

どれくらいの音できくかとか

電気信号の流れ具合もおぼえて、

キャパ?があがっているのかもしれない。

 

こういう仮説が事実だとすると

どういうCDをきくかにもよるが

実際の耳で聞いている音が判断材料になるため

 

どういうアンプを使うか

どういうSPをつかうかでも

CDPの学習能力にたよらず、ドライブしてしまうこともありえ

CDPの音域特性の学習量にきがつかずにいるのかもしれない。

 

ありえないか?

無茶なこじつけ話でしかないかもしれないが

発想はユニークでしょ?あはは

と、笑ってごまかして、終わります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。