記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着目点の違いだと思うけど・・・

ネットの中をほっつき歩いていますと

高級AUDIOなど、だめだ

と、いう意見と

低級?AUDIOなど、だめだ

と、いう意見が好きなようにかかれていましてwww

 

まあ、代理としては、

どちらにしても、

2つのことを思います。

ひとつは、どちらの場合にしてもメーカー出荷時のときに

最高の性能状態にしていない。

もうひとつは、

システム自体がトータルバランスを持っているかという処です。

 

好きなようにシステムをくめるため、

時に、バランスがよくない組み方をしていると、

高級品をもっていても、あれ?ということがあります。

逆に低級品(こういう言い方は気分が悪いですが、区分けとして考えてください)で、あっても

システムのバランスがよいと聞かせる音を出してくれます。

 

最初のメーカーのもともとの性能が引き出されていないという部分ですが、

3万ほどのCDPにちょっとだけ良いオペアンプを装着できるように変更しただけで

え?こんなにクリアになるの?というところがあります。

また、多くのSPのもともとのネットワークは良いものでなく

ネットワークを変えるのは、基本という言われ方をするくらいです。

また、多くの方は

メーカーのそのままで良い音が出ていると信じてらっしゃったうえで、

高級品(低級品)が良いの悪いのという言い方をされているようです。

ある程度、どこをどう変えればよいかわかってくると

悪いのは、

メーカー出荷品がそのままで良いと信じて論争しているほうだと思うわけです。

低級品はちょこっと良いものを添加するだけで

びっくりするほど変化しますが

高級品はそうはいっても良い部品をつかってるわけですから

これを、もっとよくしようとしたら

素材も厳選せねばならず、ちょっとましなオペアンプだったらそれでなんとかなるというものでなく

いろんな特性とか、見極めていかねばならないわけですから

下手すると、触っても上手に性能をひきだせない可能性もありながら

低級品はちょっとメーカーが奢ればころりとよくなるのですから

この引き出しの格差というものがあるので、

同じ線上で、ひきくらべてけなしあいをしていてもつまらんわけです。

 

ただ、申し訳ないのですが

こういうメーカーもともとの性能を満たしていないところをやりかえてしまうというところになると

やはり、低級品は「そこまで」という性能の引き出しの限度があり

高級品は上限がないかと思うほど引き出しができるという点で違いがあります。

たとえば、

WADIA6 素のままでは、つまらない音です。

これをOHするだけでも、コンデンサの性能がよくなり、音の引き出しがあがってきて

それを表現できる性能があるわけですが

低級品におなじように性能の良いコンデンサをつけても、

もとよりは断然よくなりますが

それを表現できるような土台がないため。高級品の音にはならないわけです。

また、たとえ、高級品になったとして

今度はそれを拾うアンプ、出してくるSPとのバランスがくずれてしまうわけです。

 

当方でも、馬鹿ほど高いシステムをもってるわけでなく

元値は高いかもしれませんが

ジャンクのWADIA6

ジャンクのアンプ

という具合で、治して、性能をひきだし、あげて

徐々にトータルバランスごと、レベルをあげてきているわけです。

 

問題は高級品だろうが、低級品だろうが

持てる力を精いっぱいだせるようになっているかという部分を考えてほしいわけです。

 

どちらにしても、性能的にはまだまだだしきれていないもの同士で

良いの悪いのとくらべているのは妙に感じます。

いわゆる、50歩100歩の世界観で論じているように思えます。

もちろん、当方の職業柄

機器に対する姿勢・良い音を引き出していきたいという観点からの

目線であるとはおもいますが・・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。