記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音を語るためには、耳が要なんだろうね

もう、仕上がった機器のことを書きたくて、しかたがないのですが

ちょっと、おさえて・・・・

この機器は、

回路設計など、設計者のセンスが良くて

OHはむろんのこと、

音質改善をおこなうと、ぐんと良くなるのです。

 

いわゆる、

素性が良い

性能が良い機器といいながら、

たいていの機器が、メーカー出荷時から、その能力を発揮できていないものなのですが、

ここをご理解いただいてのことか、

おらの機器も良くするべと

OH、音質改善の問い合わせがあるのですが・・・

それをさわってもね~~という機器の場合があります。

 

回路設計のセンスが悪いというのでなく

素性が悪いというか、

品質的に性能を上げることができる投資がおこなわれていず

音質改善すれば・OHすれば

もとよりは音がよくなるということは事実なのですが

申し訳ない。

ーそこまでの音ーなのです。

この音がすごいとか、

良い音で気に入ってるとおっしゃられると

忍びなくて言えないことですが

その音で満足しちゃうんだ・・・と、残念な思いがするわけです。

このーそこまでの音ーという判断を

仮にお話ししたとしても

理解できないのですね。

 

これは、前の記事にも書いたように

今持てる機器により、自分の耳がエージングされているためということが多いように思います。

特に低域の耳にきこえない振動とか

このあたりへの理解・体験がすくなく

言葉では表現できないのですが

以前もお寺の大きな鐘のご~~~んんんんんん~~んという音でたとえて

最後のん~~~んというあたりなると響きが振動になるんですよねというと

うちのSPも振動してます。と、・・・

う~~~む

音で出ている部分の振動ではないのですが・・・・

こういうことがあって

どうも、中音の迫力を低域の迫力だと勘違いされている人がおおいらしいとわかってきたのですが・・・

たとえば、この勘違いされてるかたに

んんんんん~~んという説明をしても通じにくいうえに

ひどいときには

この低域のでるSPを聴いていただいても、

なにか、迫力がない・・という捉え方をされるようです。

 

つまり、まさに中音を強調し低音にみせかけた音の迫力に耳がエージングされていて

低域をとらえられないし、無理やり強調されてつくられていない、変な言い方ですが本当の中音もわからない。

 

なんともはや・・・・。

 

たとえて言えば、こういう状態の耳になっているため

このーそこまでの音ーという判断を

仮にお話ししたとしても

理解できないのですね。と、いうことがおきてしまい

逆に自分の機器をけなされたととられてしまいかねないのです。

 

今回の機器も

こういうエージング耳になってるせいか

変なwwwSPできいているせいかしりませんが

ネットのなかで

ーたいしたことない音ーと書かれていたのを高橋が発見したそうで

この機器の良さはまた追ってかくことにするとして

その話をきいた代理は

そう評価した人の耳の悪さ、あるいはシステムの悪さだろうなと思うわけです。

中の作りやら、出てくる音の抽出力は機器由来のものです。

フラットな表現で緻密な音がでてきているのを

たとえば、

中音の迫力がないとまともに音楽がきけないエージング耳の人間の評価をまにうけてしまうほど

また、まわりにも、そういうエージング耳のかたが多いのだろうと思うわけです。

 

機械屋でもあり、設計者でもあり、電気屋でもあり・・という高橋にすれば

この回路設計や機構設計などから、

さすがだなあという音がでているか、どうかというのは、

一目瞭然なわけです。

 

この上で、さらに音を良くするチョイスをもっていますから

このあたりの音決め・音作りのうえで

ーたいしたことがないーと判断する機器があるのが事実です。

 

結局、結果が見えているということと

いろいろな機器をきいているという環境からや

いくつもの機器の音を引き出してきているという経験からの判断は

たとえば

予知されても、そうなるまであたっているかどうかわからない。

そういうものなのでしょうね・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。