記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(「惜しい…広島」と同じではないか)

高橋の出張に相次ぎ、免許の更新(車です)と、あわただしく日を追っているのですが、

「あ!!」

なんと、今、思い出しました。

まだ、お歳暮贈ってないじゃんか!!

お歳暮など貰う立場に成れない(ならない?)まま、個人事業主になってしまったら、めでたく(W)お歳暮を贈る立場になりました。

会社の従業員の数とか、構成とかから、こちらはコーヒーにしよう。こちらはビールだな。たまには休憩時間のお茶菓子にしよう。などと、あれこれ、考えて決めるわけです。

お歳暮など貰える立場ではなかったものの、AUDIOの仕事をはじめてから、時にお客様から、結構な物を頂戴することがあります。

高橋はまじめというか、律儀と言うか?一辺倒というか?

ブログには自分が実際に携わった技術的なことしか書かない人なので、一度、頂いたこともブログに書き添えた方が良いのでは?と、尋ねた事があったのです。

まあ、答えを簡単にいうと、「他のおきゃくさまが気を使ってしまう」とのことで、当のお客様にお礼を申し述べるだけで終わらせているのです。

代理の解釈でいうと、「仕事≪メンテナンス≫には、直接関係のないこと」裏側でねぎらいや感謝の気持ちを有りがたくいただくのみというところで、

堅苦しく言うと、儒教的精神といいましょうか(爆笑)

装飾や見映えにこだわらず、「素のまま」で相対するというところでは、多く、誤解を招くと思うのですが、

このあたりも、やはり、AUDIO の仕事に出ています。

よくあるのが、トレーのべた着きですが、

このみょうちくりんなウレタン塗装を除去すると、機器の本来の地肌が出てきます。

「これ?塗装しないのですか?」

アウト・ビアンキを塗装してしまう人ですし、仕事でも塗装関係の制御装置もつくっていますし、

なによりも、目がいい。

少し、ずれますが・・・。

薄暗い、喫茶店にはいったところ、運ばれてきた水がテーブルにおかれて、ウェイターが立ち去った途端、

「その水のむな」とのお達し。(へへぇと平身低頭ですな)

その理由が水の中に細かなごみが入っているというのです。

すかして見ても、代理には判りません。やがて、5分ほどして、注ぎ立ての水が静まったころにグラスの底を示されました。薄いもやのような、澱がコップの底にみえました。

これ以降も納車仕立ての新車の僅かな塗装むら(2cm丸くらい)をみつけて、担当者に一応報告しますと、見に来てくれました。おそらく、素人にもわかるようなむらをみおとすかな?という懐疑的な部分もあっての確認でしょう。すると、「え?どこですか」「このあたりです」と教えても「え?え?」と、判らない。ピンポイントでここです。と指示すると、「よく、きがつきましたねえ」「・・・・・」

何時だったかのTV番組で塗装してある車の中に1台だけ元の塗装の物が有る(新車状態です)が、どれか?とか、

偽物のメロンと本物のメロンとを、見分けるとか。産地までいいあてるとか(!!)こういうのに近い状態の鑑識眼?があるようです。

で、以前の職場で、品質管理、検査課というところにいたときは、ある意味オールマイティに検査できなければいけないということもあって、塗装の色合わせから塗装自体なども(デンヨー(ブルー・各色)というやつです)きっちり、こなしていたせいもあって、目が肥えた?(表現が違う気がするが・・・)というのがあるわけです。

ですから、トレーを塗装するのかと思っていたのです。

ところが、しない。

何故か?

「音に影響しない。関係しない。また、塗装の劣化がおこりえる」

無駄を嫌うというか、本当に見てくれが悪いならきちんと塗装するのだとおもいますが、

案外、塗装除去後のトレーも艶消しの地肌がきれいだったりして、

なんのためメーカーは塗装をしたのか、判らない処が有るのです。単純にはやりとか?

本来の状態できれいにする。

と、いう考え方なのでしょうね。

リモコンとか、黒ずみのでたボディなども綺麗にしてお返ししております。

「なんでも大事にして使う。どんなものでも、磨けば光るものをもっている」

基本性能だけでなく、外観もおなじなのでしょう。

飾るのでなく、素のまま。

メッキでなく、磨いて光らせる。

もったいない、なんとかならないのか、おしい、という貧乏根性があってこその、素のまま(そのまま)主義なのでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。