記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDM-1・ピックアップについて(2)

まず、先にあげた内容の検討です。

以下、コピーペースト。

********

先日、WADIA6のピックアップのレンズ交換版とおもわれるものが

持ち込まれました。

オーナー自ら入手したピックアップであったため

それを使用していたのですが、

音がおかしい・・・www

そのおかしさというのは、あくまでも同じ機器が2台あって

同じように当方でメンテナンスなどをしているもので

同じ音にならないのが、理屈にあわないということで持ち込まれたものです。

おそらく、1台だけできけば、

けして、おかしいわけではなく、ちゃんと、音がでていて

一聴では、

「別におかしくないやんwww」

と、いうものなのですが、

当方のWADIA6LTDと比べると

微妙に、音がにごるのです。

そのことで、高橋は当然、ピックアップの波形や、電圧、エトセトラとしらべるわけですが、

これが、正常値、むしろ、良いほうで、ピックアップが原因とはおもえない状態なのです。

仕方がないので、

消去法として、別のピックアップをつけて

同じ濁りがでれば、ピックアップではないと決定して

他の原因の特定に移れるし、それでもだめなら

もうエージング不足しか考えられない。

と、いうことで、ピックアップの交換を押してみたところ

結局、ピックアップだったわけです。

このことから、考えられるのは

ピックアップが海賊版?ロット落ち?レンズ交換品?ということで、

可能性としてレンズ交換もありえるため

機械的に計ったデータでは、でてこない

人間の耳にわかる微妙な精度の違いがあるということを思うのです。

********

今のところWADIA6のピックアップのレンズキットというものがでておらず、

?と思いつつも、試行的にレンズ交換したものが

流出してきたかもしれない。

某国(じゃないかもしれないけど)恐るべし!

日本の生産ラインがそのまま、残っているのか?

他のピックアップ・・・の海賊版がよくでてるので

WADIA6のピックアップの値段を考えたら

なんとか、まねっこ某国になろうとするのではないかと、邪推しまして・・・

 

まあ、ちょっと外れますが

某国には、確かに怪しいまねっこもいますが

高橋談

「そうはいっても、日本の人口の10倍(すみません、ここ、忘れてしまったのと、代理が勉強不足であるのと、でこんなもんでしょ数値です)のいるんだから、

とびぬけて賢い人間も10倍いるはず」

で、あるので・・・

ピックアップの生産ラインを確保するかもしれない・・と考えると、ロット落ちかな?と考えたり・・・

ま、そんなふうで

邪推は得てていながら

真理としては、深くかんがえてなかったのですが、

ふと、思い出したのが

お客様からの問い合わせでした。

ーーピックアップの交換もお願いしたいのですが

発光ダイオードをこちらで調達しておいたほうがよいですか?--

と、いう内容でした。

もちろん、やめてもらうようにお願いしました。

*******

最終段階、レンズの調光・高さ・位置などの精度をだせないということで

断念しています。

******

と、書いている通り、簡単ではないと思われるからです。

その問い合わせをしっかり忘れていたのですが

今思うと、いわゆる発光ダイオード交換品だったのではないかと思うのです。

 

だとすると、やはり、恐ろしいものだと思います。

 

機械ではかったら、精度があるデータをだすわけです。

が、

人間の耳で、それも同じ機器を並べて聴かないと判らない。

こういう数値があるまがいものが横行する可能性があるとわかり、

WADIA6 のピックアップについては、

ある方法で確認できることをつきとめていますので

このあたりの心配がないのですが

 

問題はCDM-1です。

 

追記:高橋と少し話してきました。

すると、まず、発光ダイオード交換ではないだろうということでした。

その理由もやはり同じで

素人が、あるいは生産ラインに準ずるような技術・用具がない状態では

絶対的に精度はだせない。

(2台で聞き比べなければわからないような精度)

(だせるとしたら、もっと多く普通の商品としてでまわってるでしょうね・・・)

ロット落ちか・・・・

1時期、中国で生産していたものの、ロット落ち。

日本の生産ラインならロット落ちは通常廃棄する・・・

つまり~~~~~~。

昨今の廃棄食品の転売問題のようなもので

ロット落ちのピックアップを個人が持ち帰り(横領ともいうwww)

ちょっと、こずかい稼ぎに横に流してみました・・というものではないかな???

だから、そんなに多くはでてないし

まさか、そんなものがあるとは思わないのと、

精度がでていたので使ってしまったというものだったのでしょうね。

でも、おかげでそのロット落ちの見分け方がわかり

当方にとっては、ラッキーでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。