記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(思案中)


受け付け再開を来年1月(2015年)にはできそうなのかをたずねてみました。

本年度は大きな見積もりが入ってきて、この前哨戦で、東北のほうに出張だったのですが、
実際に本戦?が着手になるのが、いつになるか決定していません。
年度末にさしかかり、駆け込み見積もりがいくつかはいってきています。

見積もりが此方に受注されると決定していなくても
仕入れ値段の下調べから製図から、いろいろやらなくてはいけないのですが
実際受注されると、打ち合わせや分電盤製作やプログラムなどの作業が発生します。

来るか来ないかわからないものでも、見積もりが何件かはいってきているので、
高橋としては、「待機態勢」でいなくてはならないのです。

この状態で、受付を再開してしまって、
見積もりにGOがかかったら、完璧に3~6か月(かな?)AUDIOのメンテナンス着手はできません。

ところが、本業の制作やプログラム作業は自宅でやることが多いので、ちょっと、空き時間がでてきます。
例えば部品などが揃うのにある程度時間があいたり、次の受注の制作期日まで少し時間があったり、
勤め人でないので時間の拘束がありませんから、深夜まで作業できるとか、
こんな時に1~2台ならメンテナンス出来る場合が有るのです。

1~2台しかメンテナンスできるかできない、こんな状況で受け付けは再開できないわけです。


本業が殆ど無い状態ならば、一月に多い時は7台(ブログに揚げているものだけで)くらいメンテナンスを完成させています。
年間、3~4回、一回に20台を目安に受付けできるのです。
100台以上(ブログ掲載外を含める)メンテナンスやアフターフォローをおこなっている年もあるわけです。

限定、5台(3台とか?)なんてどう?
とは、言ってみたのですが・・・・。

実はこういう状況をかかえていたせいもあって、
ウェイティング・リストのロゴがきになったのです。

予約という意味合いでなく、此方の空き状況に応じて
「今なら、診れますよ」と連絡をして、機器を送って頂く。

ウェイティング・リスト・・・・・。

こういう方法もありかなと思うのです・・・。

よ~~く、考えてみよう・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。