記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(メーカーへの確認)

殆どがアフターサービスを受けれなくなった機器のメンテナンスとオーバーホールなのですが

一般的にいわれているサービス期間の終了であっても、メーカーによってはみてくれることがあります。

前回の受け付け再開のときには、YAMAHAさんがまだCDX-10000をみてくれるという状態でした。

その後、まもなしにCDX-10000のサービスを終了したようです。

多くはガイドローラーがないということでこの先の保証ができないと断っているのだと思います。

こういう点では、YAMAHAさんは誠実な対応だとおもいます。

実際、今まで見たメーカー対応の修理では、YAMAHAさんが一番きちんとされていて、かなりの技術者だと思えるとの高橋の言葉でした。

おそらく、この技術者の方が定年?とかになって、部署をしりぞかれたのも一因ではないかと思えます。

昨今の音楽機器メーカは開発のほうに力をいれて、修理技術者を育てられないというか、

通常、生産終了時から8年ほどで部品の保守義務を終了してもよいようなので、この辺りでアフターサービス終了にするのでしょうね。

壊れてきてからの僅かの修理期間の為に技術者を育てても、わりにあわないというのと、昨今、修理とは名ばかりの入れ替えで対応するパターンなので、技術者でなくてもなんとでもなるというところなのでしょうね。

でも、本当に技術がいる部分は対応できないということになり、メーカーでさえも、とんでもない直し方(壊し方と言うべきかも)をしていることがあります。

残念な事です。

話を戻しまして・・・。

こちらも、メーカーが保証しているものは基本、以下の様にお伝えしております。

(以前のものなので、具体的なメーカー名にYAMAHAさんをあげています。)

*********

最近、よくあるのがメーカーで修理ができる機器の問い合わせです。

 メーカーによっては、(YAMAHAさんが対応しているようです)保守年数をこえていても、対応してくれるところもあります。

アクシスさんなどはWADIAの代理店を撤収しましたが、後続にノアさんが修理等行っています。

 メーカー(代理店など)からサービスをうけられる機種を当方がさわってしまうと、メーカーからのサービスをうけられなくなることがあります。
CDPはメーカーでしか直せない部品(IC・LSI等)が多く使用されており、万が一その部品に不具合が出た時に、メーカーのサービスをうけられなくなり、機器は修理不可能のジャンク品になるおそれがあるということです。

ですので、まず、サービスを受けられる機種はメーカーにみてもらうのが一番ベストだと思います。

*上記のリスクをご理解、納得の上、メンテナンス依頼をお願いします。

* 当方が修理・メンテナンスしている機種は基本メーカーや代理店がサービス対象外としている物
 あるいはユーザー様が上記のリスクを了承のうえである事をご理解願います

*******

今回もメーカーではおこなわない、オーバーホールや音質改善・改造など希望される方の

お問合せが多くあったのですが、残念な事に

「メーカー(代理店など)からサービスをうけられる機種を当方がさわってしまうと、メーカーからのサービスをうけられなくなることがあります。」ということをはご存じでも

「LSIやICがメーカーでしか手に、はいらない機種がある」ということをご存じでない場合があるようでした。

上に書いたように、リスクを覚悟の上で直されている方もいらっしゃるので、他所でメンテナンス・オーバーホール等してもメーカーで診てもらえるんだと誤解されないように、おねがいいたします。

まれに他で、酷く改造されていない場合にかぎり、診ますというところも、保証期間にこだわらず、という処もありましたので、

とにかくは、メーカーで対応してくれるかどうか、確認してください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。