記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(オークションの怪)

ふと、思い出してしまったこと。

それは、非常に妙なことに思えました。

あるピックアップ(CDM-1)がオークションに出品されていました。

そして、出品の説明に

CDM-0のピックアップを付けてもらった折に

修理屋さんが、「まだ使えるものなので、予備として、もっているといい」とのことで

返してくれたとの由。

なんだか、釈然としません。

 

当方の場合なら

この先、駄目に成っていくピックアップなので、保証できるピックアップに交換しているわけです。

まだ使えるものならば、ちゃんと整備して使います。

と、なると何とか使えるものでもこの先の保証できない物が残る可能性はあります。

それをこちらから返すということはありません。

メーカーでグレードアップした場合なども元の基板や部品を返品しません。

それこそ十分使えるものであってもです。

それもそのCDM-0はまず新品など手に入らない物です。

そして、CDM-1でも使えるものを手に入れるのもむずかしいのです。

CDM-0を手に入れたも妙な話ですが、手に入れたからと

希少なCDM-1が使える状態であるからあえて返却したとするなら

良心的な修理屋さんだと思います。

そして、CDM-0を手に入れたのなら、

その値段はかなりなものとオーナーも判っていると思うのです。

次にはもう手に入らないからこそ

CDM-1でさえむつかしいからこそ

予備としてもっておく価値があるのです。

で、あるのに売ります。とは、いかなることなのだろう?

その時は落札されなかったようですが、

以後、どうなったかはしりません。

 

当方が携わったものを何らかの理由で出品することはあると思います。

当方で、メンテナンスした機器については、持ち主が変わっても対応する方針でもあり、

多くは此方の名前をだして、出品されているようです。

また、譲渡者に限って、メンテナンス時のメールを渡して頂いても良いと思っています。

機器の履歴であり、責任をもってメンテナンスをした証明でもあるからです。

 

最初のピックアップの話から、考えてみます。

ピックアップを売らなければならない事情がオーナー側にあったとして、

当方の場合にあてはめて考えてみます。

ピックアップが仮にまだ十分使えるものであっても、

お客様がもう少し品質が高い物に換えたいという場合などは、

「十分、使えるものなので、予備として持っていると良い」と、交換された前のピックアップを

返却する事はありえます。

基本、ピックアップが手に入りにくい物でない時です。

手に入らないピックアップが使えるなら、それを整備して使うしかないのです。

WADIA6でいえば、新品はもう、12~13万します。

そして、めったに出ません。

中古でも十分使えるものだったらオークションで5~6万するでしょう。

それさえもめったにでてきません。12万のピックアップをつける為に

元のピックアップを売って代金の補てんをしようと考えるのかもしれませんね。

当方でもWADIA6の新品のピックアップはいくつかもっていますが、

それを使ってくれと言う人はいませんし、

当方も性能を保証できる中古を勧めます。

そして、元々ついていたピックアップが保証出来る性能であると検査出来た時に

オーナーは新品のピックアップに換えてくれというでしょうか?

おそらく、元々のピックアップを選ぶでしょう。

それをあえて、12万のピックアップに換えて

まだ使えるものをうりはらうでしょうか?

何かあった時には(落雷とか、アクシデント)

新たにまたピックアップ代金が必要に成ります。

だから、普通、手元に置いておくんじゃないだろうか?

と、本体機器の所有者が希少品のピックアップを出品する事について疑問を感じてしまったのです。

 オークションの邪魔をする気はないのですが、

最近、AUDIO機器はひどく値段が高騰していますね。

ひとつには、某国に流れるため、高くても買うバイヤーまがいが参入しているからだと思えますが

ショップが入ってきたことで、値段の基準が変わってしまったという事も有ると思えます。

相変わらずWADIA6でたとえますが、

ショップでの価格を見ると動作品(修理済を含め)は、27万~という価格設定にしている様です。

ショップの価格設定の内情は判りませんがこれに消費税が入り送料とで、購入総額は約30万ということになります。

すると、これを見た個人が個人なので消費税がかからないのだからショップよりずっと安いんだからと、

25~27万位で売ろうと考えるのではないかと思います。

ショップの値段が妥当かどうかはおいておくとして

(実際はオークションの相場=ここ1年位の平均値を参考にするのが良いと思います)

個人で出す時は保証がないということが一番ネックになると思います。

実際、直したばかりで、修理明細があっても、哀しい事に、ちゃんと直したものを手放すのが腑に落ちないと捉えられるのです。

直したということは、使おうと思ったというのが、基本だと思います。

ところが、手放す。

諸事情が有ると思いますが、この理由については、証明のしようが無いと思うのです。

現前と残る事実は「手放しても良い位の価値のもの」という「うがった見方」です。

この事実の前に、ショップと同じ値段では、売れないのではないかと思います。

自分で修理した物を売る素人修理の品物もありますが、これも、素人ゆえに

他の場所を劣化?させてるかもしれないという怖さがあって、

手を出しにくいものです。

修理素人や個人が出す時は、どうしても価値がさがってしまうということを

考慮して通常より安めの値段から出品すれば、

買う側の価値判断から妥当と思われる値段で収まっていくものです。

その値段なら買おうと言う人が複数現れると、オークションの特色である競り合いになって

ヒートアップ現象をひきおこして、思ったより高値で売れるということもあり得ます。

競争が入ってくると、その値段で価値が有ると認めるものが他にいる。

と、いうことで、「手放しても良い位の価値」だったものが

「手に入れたいと思う価値」に変質するわけです。

その価値は出品者が決めるものでないというところが味噌なのです。

 

そういえば、今回もオークションをのぞいていたら、

オーバーホール済とかいてあった品物をみました。

内容をみると、劣化部品の交換と接点清掃くらいに見えました。

全半田ましもしてないし、全コンデンサの交換もしていない。

それをオーバーホールと呼んでいる様子です。

修理・よく言ってメンテナンス済ではないのだろうかと

相変わらず、言葉の定義の違いにとまどいをかんじてしまいました。

 

オークションでは、時に無責任な売れ売れ行為があり得ます。

たとえばですが、

CDMー0を搭載している。という説明だけで機器を買って

何か月もたって、CDM-1だったと判った。

と、なっても泣き寝入りするしかないということが有ります。

仮にクレームをつけても、「あなた(購入者)がCDM-1にのせかえたんじゃないですか?当方はCDM-0のものをお渡ししましたよ」

とでも、いわれ、購入者が載せ替えていないという証拠を提出する事の方がむつかしくなります。

なによりも、CDM-0である確証を確認せずに購入してしまった所に問題があるわけです。

何台か、CDM-0搭載の機器をみてCDM-1との違いを把握していれば騙されることは無いわけです。

仮に写真ではCDM-0であっても、現物がCDM-1 の機器を送られて来た時はすぐに連絡をいれ

返金かCDM-0搭載機器と交換してもらうように要請出来ます。

以前にもかきましたが、

説明と現物が違っている。と、いうことで返金請求ができます。

日数もたっているとクレーム期間がなくなりますので、(3日以内などというのは、違法です)

速やかに連絡をいれるべきでしょう。

当方では、こういう失敗はないのですが、

一度、品物自体が送られてこないという被害にあい

その頃は保証制度が確立していなかったので、

ヤフーからの補償は80%~60%の返金にて、保証してもらえましたが

相手先の住所に告訴?状みたいなものを送り、代金を返金してください。みたいな内容を送り

当然、その住所に本人がいる訳がなく、宛先不明とか、受け取り人がいない。などで、返された手紙を

ヤフーに送り・・と、此方が被害にあった証拠をととのえて、やっと、みとめられて、

2ヶ月先くらいに支払ったお金の60~80%くらいの金額が戻ってきたのです。

実際、返品期間は3日しか認めていないショップから動作品を購入し

それから、トランスが必要で購入して繋いでみたら動作しないということがあり、

ショップにかけあったところ、3日過ぎているということをたてにしてことわってきたので、

落札できるかどうかわからない物の為にトランスを先に購入するわけがない。

落札して、トランスを手配している間に3日すぎて、4日目に繋いで動作しないと判ったものに

3日ということはできないし、法律的にも、3日は違法である。

トランスの手配期間も考えずに勝手にさだめた日数で返品に応じないのであれば

こちらも、出る所に出るしかない。

当然、この時も消費生活センターなどに相談してショップ側の言い分に正当性が有るかどうかを量っています。

結局、マニュアルでしか答えられない社員でなく、責任権限のある店長にかわってもらって、

最終的には返金ということになったのですが

その後、このショップは「3日以内の返品」という条文?を撤収しています。

おそらく、ちゃんと、法律など調べて逆にこういう条文をかかげていると

消費者側から違法ショップ?とみなされるということに気が付いて、条文を取り下げたとともに

ヤフー側に提訴された場合、悪くすればショップ運営の権利を剥奪されかねないということも考えあわせたのかもしれませんが、

間違いを是正するという姿勢とうけとめてショップの誠意ある対応と解釈しています。

こういうことはあったけれど、

一方でジャンクとして出品されていたもので、中の部品が一部ない、改造されてあげく故障している。

と、いう詐欺としか思えない様な(確信犯というべきか)ジャンクであっても、

ジャンクと了承した以上はこれは致し方が無いことです。

たまにジャンクなのに、壊れていたなどとクレームを付けた悪い評価を見受けますが

????という気分になります。

オーバーホールの定義や個人出品の価値の定義同様、ジャンクと言う定義も人それぞれ違うようですね。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

検索フォーム

プロフィール

代理

Author:代理

憧れのAudio

のお知らせブログです。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者さま

ページランキング

ブログパーツ

憧れのAudio コンテンツ

ご案内
問合せ・ご依頼の前に
オーバーホール・修理受付
古い機械の電気制御の修理もできます。
連絡・注意事項
まず、最初に留意ください。
ー発送方法についてー
メールが届かない時が有ります。
スピーカー
A7 800Lネットワーク (1)
CDプレーヤー
√SR CDP (1)
cdd (1)
CD100 (1)
CD-α917XR (1)
DAD-001 (1)
D500 SE (1)
CDA-12 (1)( 改造ベース)
BARCO
EMT980 (1)
EMT981 (2)
EMT982 (3)
CHORD
Dac64mk2 (1)
CHORD Blu (1)
KRELL
CD-1 (1)
CD-DSP (1)
CDスタビライザー (1)
REFERENCE 64 (1)
MD-2 (1)
KPS-28c (1)
STUDIO (1)
LINN
KARIK Ⅲ (1)
KARIK Ⅰ (1)
KARIK Ⅴ (1)
IKEMI (1)
marantz
CD-60 (1)
CD-10 (1)
CD650 (2)
Mark Levinson
No.30.6L (1)
No.35L (1)
MCINTOSH
MCD7009 (1)
MCD-7000 (3)
MICRO
CD-M2 (5)
CD-M100 (1)
PHILIPS
LHH500R (2)
CD100 (1)
LHH500 (4)
LHH1000 (1)
AZ6801 (1)
QUAD
66CDP (1)
99CDP (1)
REBOX&STUDER
B225 (1)
B226 (6)
A725 (2)
A727 (4)
ROKSAN
CASPIAN (1)
ROK-DP1 (2)
SONOGRAPH&conrad johnson&haman kardon
CD650改 (SONOGRAPHE ) (1)
DF-1 (1)
SD-1 (2)
SD-22 (1)
SONY
CDP-R3 (5)
CDP-R1a DAS-R1a (1)
TEAC&ESOTERIC
VRDS-7 (1)
VRDS-10 (1)
VRDS-20 (1)
VRDS-25 (2)
P-2s D-3 (2)
D-3 (1)
X-1s (1)
Vimak
DT-1000 (1)
DT-800(1)
WADIA
WADIA【目次】
WADIA6 (18)
wadia6 改 (6)
WADIA6改LTD (6)
WADIA6 - Spirit- (1)
WADIA6i (1)
WADIA7 (1)
WADIA8 (1)
WADIA9 (2)
WADIA16 (1)
WADIA20 (1)
WADIA21 (18)
WADIA21i (3)
WADIA850 (4)
YAMAHA
CDX-10000 (9)
CDX-10 (1)
CDX-2000 (1)
YBA
INTEGRE (3)
WD202B (1)
CD1Δ (1)
ZIA
NEW FUSION (1)
FUSION (3)
FUSION CD64 (1)
アンプ
アンプメンテナンス履歴一覧表
アンプ全記事表示 (28)
アンプのメンテナンスについて
治具
バランス入力ラインアンプ
工具
PB 世界で1つの6角ビット?
MY AUDIA 

YBA CD INTEGRE 3台目
WADIA6改LTDのプロト所有
PROCEED cdd
ZIA NEW FUSION
ZIA FUSION
YAMAHA CDX-10(改造ベース)
harman kardon CITATION16A
バランス入力ラインアンプ
LINN LK100
LUXMAN LX-360
LUXMAN L-580
(ゆとり)OR(余力)
太鼓の修理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。